アイルランドの思い出(10)・・・アイリッシュパブ

d0111216_20463662.jpg
アイルランドのパブ「hole in the Wall」、いわゆるアイリッシュパブです。
ダブリン市街地、フェニックス公園(712ヘクタールの面積、ヨーロッパ最大級の公園)のそばにありました。

d0111216_2127350.jpg
1651年創業というこのパブは、煉瓦造りの内装や、飾られている物がその歴史を物語っていました。
d0111216_21284744.jpg
薄型テレビだけが、現代でした。

北海道とほぼ同じ面積のアイルランド国内には、1万軒ものパブがあるそうです。
人口は約350万人なので、350人に1軒の割合でパブが存在していることになります。

このパブに行ったのは、アイルランド旅行最後の日。
昼食を食べましたが、、ここでもやはりギネスビールで「スロンチャ!」(ゲール語で「乾杯」の意味)したのでした。
[PR]
Commented by メロン at 2009-09-28 07:35 x
歴史を物語るパプですね。
小さな国のひとつひとつが大きな思い出で素敵です。
アイルランドあまり印象のない国でしたがのんこさんのおかげで見直しました。
Commented by sarah000329 at 2009-09-28 13:51
おおおおおおお すごい雰囲気ありますねーー。
最近、日本でもアイリッシュ・パブってとっても人気ありますよね。
私の友人たちも大好きです。
いつも、そのパブにいけば誰かに会えます。
Commented by のんこ at 2009-09-29 22:00 x
♪メロンさま
私も何の知識も持たずに行ったのですが、すてきな国でした。
フレンドリィーな人たちの笑顔が今でも思い出されます。
Commented by のんこ at 2009-09-29 22:06 x
♪sarahさま
sarahさんは、アイリッシュパブの常連さんでしたか。
実は今回初めて行ったのですが、調べてみたら東京にもたくさんありました。
他のお店にも行ってみたいと思いました。
by naninunenonko0905 | 2009-09-27 22:04 | 旅の思い出 | Comments(4)