神戸(3)・・地震の爪あと

ステキな街、神戸。
1995年1月17日には、マグニチュ-ド7.2の阪神大震災に襲われました。

今回の旅行の中でも、ところどころでその被害の大きさを感じました。

たとえば、北野異人館「萌黄の館」
d0111216_1493094.jpgd0111216_1495827.jpg











地震で、屋根の上の2本の煉瓦の煙突は粉々になったのですが、西側の煙突だけはこの状態で庭に突き刺さったそうです。
写真左側は、現在の煙突。右側は、震災で、逆さまになって落ち地面に刺さった状態のもの。

さらに、ベイエリアの「神戸港震災メモリアルパーク」
d0111216_14203335.jpg

地震で崩壊した岸壁の一部。
岸壁の傾いた街灯が、当時の状況を生々しく語っていました。

これら2つは、地震の激しさを後世に伝えるために、当時のまま保存しているそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神戸ポートタワーにも行ってみました。
d0111216_14295097.jpg
昭和38年に建てられたタワーは、あの震災でも大丈夫だったようです。
高さ108mの塔の展望台からは、360度の神戸の絶景が見渡せました。

(北側を望む)
d0111216_14435865.jpg
震災からすっかり復興した活気ある都会的な街に見えました。
それにしても、あの山の麓の異人館からここまでよく歩いたものだと、我ながらびっくり。

(神戸港を望む)
d0111216_14483223.jpg
眼下に見えるメリケンパークでは「神戸ビエンナーレ2009」が開かれていて、野外ステージの「BEGIN」のコンサートにはおおぜいの人が集まっていました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-10-21 17:59 | おでかけ