足立美術館で三ツ星庭園を鑑賞@島根県安来市

 松江から米子に車で移動する途中、足立美術館に立ち寄りました。
 約5万坪の広大な日本庭園と近代日本画コレクションで有名な美術館だそうですが、私は訪れるまでそのことを知りませんでした。横山大観や、上村松園、伊東深水などの日本画を鑑賞しながら、ガラス越しに庭園を眺めました。

d0111216_23295378.jpg
 「生の額絵」・・・館内の窓がそのまま額縁に。本当の絵のようでした。

d0111216_23302191.jpg
 「苔庭」・・・苔や松の緑と、白砂の白の対比が美しい庭でした。

d0111216_23363565.jpg
 遠くの山から滝水が流れてきてこの庭にたどり着くという雄大な庭。
 実は、遠くの滝(右後方)は作られたもので美術館の開館時だけタイマーで流しているとか。奥まで続く景色だが途中に大きな道路が走っているそうです。また、遠近感を出すために、木々の大きさに工夫しているそうです。木々を育てるスペースがあって、つねに大きくなったら植え替えていると言います。

 このような努力の賜物でしょうか。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」で三ツ星評価を得たほか、アメリカの庭園専門誌で11年連続「庭園日本一」に選ばれたそうです。

 入館した時は「入館料2300円は高い!」と思いましたが、見終わった後は、「安いかも」と思えるような見ごたえ十分な美術館でした(^_-)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-12-02 22:35 | 旅の思い出