世界遺産「高野山」への旅

 前日の夜中の大雨が嘘のような上天気。
 この日は、弘法大師が開いた真言宗の天空の聖地「高野山」へ行きました。
今年は高野山開創1200年の特別な年。そのためか、参道を歩く人の多いこと。

奥之院から約20万基の墓碑が並ぶ杉木立を歩きました。
両脇には、豊臣家、織田信長、上杉謙信、石田三成など、有名な歴史人物の墓碑が立ち並んでいて、神聖な空気が流れているような気がしました。
d0111216_21504831.jpg
 
水向地蔵。水を手向け水をそそぎながら、亡き人々の冥福を祈りました。
d0111216_21511941.jpg
 
弥勒石(みろくいし)。「この石は、善人には軽く、悪人には重い」と説明書きがありましたが、狭い隙間から片手を入れ、石を移動させるのは難しかったです。私たちの前後に並んでいた人も誰一人できず、善人はいませんでした。説明書きには「本来はこの石は、弥勒菩薩と縁を結ぶための結縁石です」とも書かれていました。
d0111216_21514653.jpg
 
金剛峰寺。全国3600寺の総本山。ちょうど石楠花の花が満開でした。
d0111216_21521273.jpg
 
この日一日で歩いた歩数は、15000歩。旅は体力がないとできない!とつくづく感じたのでした。

いつもご訪問ありがとうございます。
応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2016-07-11 21:55 | おでかけ