斑鳩の里でのんびり古寺巡り

 梅雨が明け、本格的な暑さになってきましたね。午後はエアコンの効いた居間で、5月の連休中に行った旅行を振り返ります。

 旅行3日目は、奈良。久しぶりの奈良でした。

d0111216_1426583.jpg
 
 法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。早い時間の拝観であり、連休中で修学旅行の生徒たちもいないため、広い境内をゆっくり説明を聞きながら見学しました。

d0111216_14281370.jpg
 
 聖徳太子の遺徳を偲んで建てられた夢殿です。一週間前にコンサートで行った日本武道館に似ていると思ったら、実際、武道館は夢殿をモデルにして建てられたのだそうです。

d0111216_14284935.jpg
 
 五月のさわやかな風に吹かれながら、のんびり歩きました。

d0111216_14301637.jpg
 
 中宮寺は、聖徳太子が母のために建立した尼寺。本堂の中には、菩薩半跏像がありました。この像のお顔の表情の優しいこと。エジプトのスフィンクスやダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで、「世界の三つの微笑像」と言われているそうです。納得しました。

いつもご訪問ありがとうございます。
応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2016-07-29 15:19 | 旅の思い出