彼岸花・母

入院中だった母が亡くなりました。

今回は胃瘻手術を受けるための入院で、2,3週間で退院できるとだれもが思っていました。
しかし、肺炎になり、5日間で帰らぬ人となってしまいました。

とても残念です。
が、2週続いた連休で家族や親戚の人のお見舞いがあり、今思えば皆にお別れができました。
また、姉、兄嫁、私の順に病室での夜の付き添いもできました。
最後の晩が私で、長女といっしょでしたが、前日よりも呼吸が楽そうに見え、体温や血圧も安定していたので、こんなことになるとは・・・。
彼岸中の24日午後2時、家族8人の見守る中での静かな最期でした。
d0111216_22434111.jpg
あれからの1週間は、夢の中のできごとのようでした。
1日おいて26日、自宅での通夜・・・30人の親しい人だけのなごやかな雰囲気のお別れの会でした。
27日は円通寺での葬儀・・・200人もの方が参列してくださいました。うす曇の涼しい日でした。

火葬場の近くで見た彼岸花、お寺で見た彼岸花
これからは、この花を見るたびに、やさしくていつもにこにこしていた母の顔を思い出すことでしょう。

この花の花ことばは「悲しい思い出」だそうです。
[PR]
Commented by さぼてん at 2007-10-01 23:40 x
家族みんなに送ってもらったのんこさんのお母さんは今頃天国で幸せな時間を過ごしているでしょうね☆
でもいつかはさようならがくるのはやはり寂しいものですね…(>_<。)
Commented by のんこ at 2007-10-02 19:48 x
♪さぼてんさま
5年も前から入退院をくり返していたので、いつかは・・と覚悟していたつもりでしたが・・・。私も、母は天国で皆と楽しく過ごしているような気がします。
Commented by miyotyann at 2007-10-02 20:09
人は、日にち薬と涙しか癒すことの出来ない、深い悲しみがあるといいます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by のんこ at 2007-10-03 19:31 x
♪miyotyannさま
おことば、ありがとうございます。
身近な肉親を亡くすのは初めてのことなので、日にち薬のお世話になることになりそうです。
Commented by ハミー at 2007-10-03 22:55 x
祖母が亡くなった時、身内のほぼ全員で息絶える瞬間を見守りました。その時の母は、今まで見たこともない程悲しんでいました。私は、そんな母を見て悲しくなりました。
お葬式には、祭壇の前をクロアゲハが飛んでいました。私たちは、きっと祖母だと思いました。それから、クロアゲハを見る度祖母の事を思い出しています。

優しい思い出を忘れずにいたいですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Commented by ねむねむ at 2007-10-04 19:45 x
この世に生あるもの、いつかは別れがくるものですが、肉親の別れほど、悲しいものはないけれど、時間が薄らいでくれることと念じております。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
Commented by のんこ at 2007-10-04 20:26 x
♪ハミーさま
ハミーさんのお祖母さまも私の母も、私たちのことを見守ってくれていると思います。いつまでも思い出を大切にしましょうね。
Commented by のんこ at 2007-10-04 20:34 x
♪ねむねむさま
母の告別式から1週間が経ちました。かえって日一日と悲しさ、寂しさは深まるような気がします。すべて、素直な気持ちで向き合おうと思います。ご心配ありがとうございます。
Commented by おにぎり at 2007-10-06 07:15 x
まだ、祖母の家に行ったら祖母がいるんじゃないか・・・と思ってしまいそうになってしまいます。
現実を受け入れることの難しさを実感しています。。。
Commented by のんこ at 2007-10-06 13:30 x
♪おにぎりさま
私も亡くなって初めてその存在の大きさに気づきましたよ。
でも、いつも私たちを見守っていてくれるような気がしませんか?
by naninunenonko0905 | 2007-10-01 23:20 | つぶやき | Comments(10)