久しぶりの歌舞伎鑑賞

11月23日、「吉例顔見世大歌舞伎」(夜の部)へ行ってきました。

前回歌舞伎座に来たのは,もう20年も前のこと。
9月末に亡くなった母が、私や兄嫁に「子どもたちをみているから行ってらっしゃい」とチケットを用意してくれたのでした。
あの時も、顔見世の、それも初日でした。
演目は何だったか忘れてしまいましたが、ロビーで、菊五郎夫人の富司純子さんや幸四郎夫人をお見かけし、その美しさにびっくりしたのは覚えています。

さて、今回は娘と銀座三越前で待ち合わせし、歌舞伎座まで歩きました。
東銀座の高いビル群に囲まれた桃山風の建物。もうすぐ建て替えられるそうで、残念です。
d0111216_12344886.jpg

舞台は顔見世だけあって、スター勢揃いでした。

「仮名手本忠臣蔵・山科閑居」では、雪の中での、小浪の真っ白な花嫁衣裳と戸無瀬の真っ赤な打ちかけ、お石の黒い着物の対比が、美しい絵を見ているようでした。
幸四郎演じる本蔵の、娘の幸せを願い、わが命を犠牲にする父親の思いや哀れさが伝わってきます。
それにしても、女形の菊之助がとてもきれいでした。

面白かったのが能仕立ての「土蜘」。
菊五郎の存在感ある演技に引き込まれます。
土蜘がくもの糸を投げる場面は派手で楽しかったです。
その背後で、後見さんが観客の目線の邪魔にならないよう、絶妙のタイミングで糸を巻き取るのには関心してしまいました。

d0111216_1313927.jpg幕間の楽しみはやはりお弁当です。
前もって予約していた花かご弁当を茶屋で食べました。
お品書きを見たら、30品目は軽くクリアしそうな献立でした。
見た目にもきれいで味もよく、ゆっくり味わいたいところでしたが、30分しかないので慌しく食べました。

5時間近い歌舞伎鑑賞。
歌舞伎初体験の娘は、山科閑居の途中に居眠りタイムがあったものの(1時間半もの長い演目ゆえ・・・)、イヤホンガイドを聞きながら見たのでよくわかって楽しかったようです。
帰り道、「テレビや映画で見る歌舞伎俳優の本業はこれだったのね」と言っていました。
[PR]
Commented by miyotyann at 2007-11-25 21:44
歌舞伎は友達に券が入手出来たからと誘われ、3年ぐらい前ですか、1回行ったことがあります。演目は確か、新春の勧進帳で、座長が中村?さんで、存在感のある役者と言う記憶しかなく、ホントもったいない事をしました。
若い人も多くびっくりしました。残って欲しい文化の一つですネ。
Commented by のんこ at 2007-11-26 00:02 x
♪ミコさま
20年ぶりだったので、役者の顔ぶれが変わっていましたが、テレビで知っていたので、楽しめました。「土蜘」で富十郎が、鷹之資と親子共演するなど、子役が上手でした。
歌舞伎はこれからも時々見に行きたいと思いました。
Commented by mm at 2007-11-26 09:07 x
歌舞伎座の隣に仙台の77銀行があるので、月に一度は歌舞伎座前を通過いたします(笑)
一度はお弁当を頂きながら日本情緒を味わいたいものです。
Commented by ねむねむ at 2007-11-26 11:25 x
私も九月公演(大フアンの吉右衛門さんの)を観ましたが、それも夜の部、確かに演目によって退屈してしまうこともありますが(苦笑)能や狂言を取り入れ、人間味あふれる舞踊劇は楽しめますよネ!
余談ですが11/23は私共の39回目の結婚記念日、栃木の柏倉温泉へ立ち寄り湯とお蕎麦で・・・
不思議なご縁???
Commented by のんこ at 2007-11-26 20:33 x
♪mmさま
歌舞伎鑑賞は半日使いますから、そうは行けません。
一幕見席で見るのもいいですよね。学生の時はよく利用しましたよ。
Commented by のんこ at 2007-11-26 20:43 x
♪ねむねむさま
吉右衛門のファンでしたか?今回は、幸四郎といっしょに山科閑居に出ていましたよ。だれかのファンになると、どんどん詳しくなるでしょうね。
結婚記念日おめでとうございました。柏倉温泉、だいぶ前に行きました。たしか、鯉のあらいがおいしかったと記憶しています。
by naninunenonko0905 | 2007-11-25 20:44 | おでかけ | Comments(6)