2017年 06月 05日 ( 1 )

 今回の旅行は夫が計画して、レンタカーで280kmも運転してくれました。そのため私は主な所だけしか把握してなくて、次はどこに行くのかも直前まで知らないという、のほほんな旅でした。でも、それだけに予想していないことに出合えておもしろかったです。

 旅行1日目は湯田温泉に泊まったのですが、夜ホテル前のカラオケ店で1時間歌った後ぶらりと散歩していたら、近くに「中原中也記念館」があるのを見つけました。それで、次の日の朝、9時の開館を待って見学しました。

d0111216_22550165.jpg

 帽子をかぶった写真が印象的な中原中也。高校の教科書に「汚れちまった悲しみに・・」があったのを思い出しました。彼は、この温泉地に生まれ育ったのですね。



 旅行3日目。萩を離れた後、長門市仙崎(古くから漁業で栄えた町)で「金子みすず記念館」へ立ち寄りました。

d0111216_23064644.jpg

 みすずが20歳まで過ごした実家兼書店「金子文英堂」が復元されていました。2階には、みすずの部屋がありました。
 6年前の震災後「こだまでしょうか」とテレビCMでくり返し流れましたが、あれは彼女の詩。
 ここで、みすずの書いた童謡集を1冊買ってきました。枕元に置いて時折読んでます。「みんなちがって、みんないい」は、『わたしと小鳥とすずと』の1文です。

 中原中也と金子みすず。ふたりとも夭折の詩人ですが、短い生涯の中でたくさんの詩を残してくれました。


いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2017-06-05 23:36 | 旅の思い出