カテゴリ:おでかけ( 148 )

 IL DIVOコンサートの翌日、私たちはホテルでゆっくりと朝食した後ホテルを後にしました。
 メロンさんのリクエストで「靖国神社」を参拝。桜の開花宣言の時に必ず映し出される「標本木」も見てきました。(11日のことなので、もちろん桜は固いつぼみの状態でしたが)
 お天気がよかったので、皇居外苑を散歩。平日の午前中にもかかわらずジョギングしている人たちに出合いました。
 その後は、地下鉄で六本木へ。 黒柳徹子主演 海外コメディ・シリーズ25周年記念公演『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』を観劇しました。

(以下、ホームページのコピペです)

公演日程2014年3月8日 (土) ~2014年3月23日 (日) 作ロナルド・ハーウッド 演出高橋昌也
出演 黒柳徹子 阿知波悟美 団時朗 鶴田忍.

1989年にスタートした黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズの第28弾として、2011年に初演し、好評を博した『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』を再演します。
今回から会場を、2013年秋オープンの新劇場、EX シアター六本木
『想い出のカルテット』は、『ドレッサー』などで著名な英国の脚本家ロナルド・ハーウッドの傑作戯曲。あのダスティン・ホフマンがメガホンを取り、マギー・スミスらの出演で映画化もされた笑いと涙の物語です。
かつてオペラ「リゴレット」で共演したことがある元オペラ歌手4人が、作曲家ヴェルディ生誕を記念するホームでのコンサートで、再び「リゴレット」の四重唱を披露しようとするが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もうすぐ、80才だという黒柳徹子さん。あのたくさんのセリフを覚えるのは大変でしょうね。それにテレビでよく見かける芸達者な3人。楽しい2時間半でした。
 見ていて「人は心がけ次第でいくつになっても頑張れるんだ」と思いました。観客はシニアの人が多かったのですが、終わった後には、4人に皆であたたかい拍手を送りました。

 さて、EXシアターを出たのが4時半。メロンさんと別れ新幹線に乗って急いで帰ってきました。この日は練功十八法の日。大急ぎで着替えてなんとか準備体操をしている7時5分に着きました。
 次のIL DIVOコンサートにも行くために、体力をつけていつまでも元気でいないとね(^_-)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-30 17:41 | おでかけ

d0111216_2031950.jpg
 この日私とメロンさんは、東京丸の内にある「パブ・カーディナル」に行きました。店内は、IL DIVO色いっぱい。特大のパネル、スクリーンに映し出されるライブ映像、流れる歌声。早目の夕食をしながらこれから向かうコンサートへの期待に胸は高鳴りました。IL DIVOファンたちで満席。私たちと同席した仙台から来たという女性とも、熱くおしゃべりしました。

 日本武道館で19時から始まった『IL DIVOコンサート』はすばらしかったです。今回は「A MUSICAL AFFAIR」。ミュージカルの名曲をたっぷり聴きました。お馴染みのミュージカルソングもIL DIVOにかかると彼らのオリジナル曲になってしまいます。曲によって、英語の曲でもスペイン語やイタリア語に替えてあるのです。
 カルロスの重厚感のあるバリトンは、ミュージカル曲をドラマティックに盛り上げます。スペイン人らしく、観客の女性に対しては毎度ウィンク、笑顔のサービス。
 デイヴィッドのしなやかな美声はすばらしい。MCで言ってましたが、歌手としての始まりとなったオーデションはミュージカル曲だったそうですよ。
 ウルスは、艶と張りのあるテノール。彼の美しさもステキです。今回のプログラムのヨセフに扮した写真にはびっくりしましたが。
 4人の中で、唯一ポップス界出身のセバスチャン。彼の声が加わることでIL DIVOならではの歌声になると思います。

セットリスト

ACT ONE
Overture
1. Tonight   (ウェストサイド・ストーリー)
2. Some Enchaned Evening   (南大西洋)
3. If Ever I Would Leave You   (キャメロット)
4. Flowers Will Bloom
5. Can You Feel The Love Tonight (with Lea)   (ライオン・キング)
6. Defying Gravity (by Lea)   (ウィキッド)
7. Memory   (キャッツ)
8. I Will Always Love You  (ボディガード)
9. Don't Cry For Me Argentina   (アルゼンチンよ、泣かないで)
10. Somewhere   (ウェストサイド・ストーリー)

ACT TWO
11. The Winner Takes It All   (マンマ・ミーヤ)
12. Bring Him Home  (レ・ミゼラブル)
13. Love Changes Everything   (アラベクツ・オブ・ラブ)
14. FURUSATO
15. Who Can I Turn To?   (ドーランの叫び、観客のにおい)
16. Back to Before (by Lea)  (ラグタイム)
17. I Dreamed A Dream (by Lea)  (レ・ミゼラブル)
18. The Music Of The Night (with Lea)   (オペラ座の怪人)
19. Impossible Dream   (ラ・マンチャの男)
20. You'll Never Walk Alone   (回転木馬)

Encore
21. My Way
22. Time To Say Good-Bye

 今回のコンサートでは、フィリピン出身の女性シンガー レア・サロンガが参加し、歌声はもちろんですが、ステージがとても華やかでした。
 2年前のコンサートでは、東日本大震災の鎮魂を願って唱歌「ふるさと」を歌ってくれた彼ら。今回も歌ってくれました。また、復興ソング「花は咲く」の英語バージョン。この2曲は本当に心に沁みました。

 今年デビュー10周年のIL DIVO。私は、アイルランド旅行中に彼らの歌声に出合いファンとなって8年。日本でのコンサートが4回ありましたが、全部行くことができました。
 この8年間は、私にとっても父母や義父を見送ったり、震災に遭ったり等々大変でした。どんな時もIL DIVOの歌声に励まされてきました。これからもずっとずっと聴き続けたいと思います。

 コンサート中、「いつまでもこの時が続いてほしい」と願いましたが、2曲のアンコールで終了しました。
 外は、冷たい風が吹いていたのですが、興奮していたためか寒いと感じなかったのでした。「次のコンサートにもぜひ一緒に来ましょう」とメロンさんと話しながら、ホテルへと向かったのでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-13 23:10 | おでかけ | Comments(6)

d0111216_2302969.jpg
 京都の紅葉を観る旅でしたが、合い間に大河ドラマ「八重の桜」ゆかりの、新島旧邸を訪れました。
 新島旧邸は、同志社の創立者である新島襄とその妻・八重の私邸で、前もって予約しておいたので見学することができました。
 2階にバルコニーをめぐらせた建物で、和に洋を取り入れたものでした。
d0111216_2345473.jpg
 襄の書斎には洋書が並んだ書棚があり、、同志社の学生は図書館のように」自由に利用したそうです。
 八重の台所。当時の京都の民家では、土間が一般的でしたが、ここでは床板の上に流しがありました。井戸も室内にありました。それに八重愛用のワッフルベーカーも。ドラマの中でも学生にクッキーやワッフルを焼いてご馳走する場面が出てきました。ドラマでは綾瀬はるかが八重を演じましたが、実際の八重は全く似ていず、かなりふくよかでした。料理が上手くお菓子もよく作っていたようでしたからね(^_-)
 応接間には八重の弾いたオルガンもありました。
 和室は、最終回に出てきた茶室「寂中庵」が。
 

 幕末には戊辰戦争では、銃で多くの敵を狙撃した八重。明治には兄・覚馬を頼って京都へ移住。新島襄と出会い、いっしょに同志社を設立。襄亡き後は,篤志看護婦として日清・日露戦争で活躍。また、晩年は茶道家としても活躍したのです。波乱の一生でしたね。
 
 
 1年間ドラマを見てきた私たちには、今回の見学は大変興味深いものでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
 
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-12-16 23:52 | おでかけ

紅葉の鷹峯ー京都(3)

 今回の紅葉を見る京都の旅は、鷹峯方面から始まりました。
京都駅からバスを乗り継いで50分、閑静な住宅地にある3つのお寺をまわりました。

 名妓・吉野太夫ゆかりの寺「常照時」の後は、丸と四角の窓で有名な源光庵へ行きました。
d0111216_11452412.jpg
                 四角い「迷いの窓」
d0111216_1146427.jpg
                円形の「悟りの窓」
d0111216_11463410.jpg
 窓の前に座ってゆっくりと禅の世界に浸りたいところでしたが、大変な人の中で写真を撮るのが精一杯でした。一面の紅葉はもちろんすばらしいですが、このように切り取られた自然美はとても印象に残りました。

 三番目に訪れたのは、光悦寺。紅葉のトンネルのような参道を行くと本阿弥光悦の建てた草庵や7つの茶室がありました。
d0111216_1148035.jpg
 紅葉に染まった光悦垣はなかなか趣がありました。

 ※源光庵には、本堂内に血天井がありました。1600年徳川家康の忠臣鳥居元忠ら数百名が豊臣側の大軍と戦いの後、伏見城内で自刃。武将の霊を慰めるため、床板を天井にして祀り供養していました。
 たしか、大原のお寺にもあったと思い出し調べたところ、宝泉院にも伏見城の遺構の血天井がありました。昨年夏に行ったお寺。ここの額縁庭園もすばらしかったです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-12-04 13:40 | おでかけ | Comments(4)

d0111216_2036325.jpg
 南禅寺を訪れたのは今度で3度目ですが、初めて三門に上ってみました。
 三門は高さ22mの楼閣で、歌舞伎では石川五右衛門が「絶景かな」と発したのがここだとされています。幅の狭い急な階段を上るとそこから四方のすばらしい景色が見られました。前回ブログの天授庵の庭もここから撮ったものです。
 それにしても人、人、人。こんなに多くの人がのってもびくともしない堂々とした三門。もう385年も前に建てられたのだそうです。
d0111216_20363068.jpg
 ここでも参拝の人が多く、人の写らない写真を撮るのに苦労しました(-_-;)
d0111216_20371646.jpg
 初めて訪れた時、モダンな赤レンガのアーチが見えたのにはびっくりしたものでした。1888(明治21)年に完成した水道橋『水路閣』です。琵琶湖から京都へひかれた疎水で、古代ローマ風でステキです。
 今回初めて上の方に行って見ました。水が低い方から山の方に流れているのがとても不思議に思いました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-11-29 21:18 | おでかけ

d0111216_2001572.jpg
d0111216_2022366.jpg
d0111216_2025514.jpg
 JR東海の『そうだ 京都、行こう』のテレビCMに刺激されて、京都の紅葉を見てきました。
 南禅寺の塔頭のひとつ、天授庵。CMに流れていたあの景色です。紅葉の赤と黄色、そして松や竹林の緑。その美しさにため息が出ました。

d0111216_2031637.jpg
  連休2日目日曜日の午前10時。予想した通り入ろうという人の行列が200メートルも続いていました。三門に上って天授庵の全景を眺めて諦めようと一時は思ったのですが、思い直して入ってよかったと思いました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-11-25 20:28 | おでかけ | Comments(4)

 福島県立美術館を後にした私たちは、また飯坂電車に乗って福島駅へと向かうはずでした。でも、電車の来るのを待つ間に気づいたのですが、終点まで行けば飯坂温泉。それもたった20分ということなので、急遽飯坂温泉に行くことにしました。

 飯坂電車は2両編成のレトロなローカル線で、車掌さんが大きな黒いがま口バッグを首に下げて切符を売っていました。なつかしい!
d0111216_1755266.jpg
 飯坂温泉駅に着くと、福島県のゆるキャラ、キビタンが迎えてくれました。

 飯坂温泉には共同浴場が9つあるそうで、最も古い歴史のある鯖湖湯(さばこゆ)はなかなかいい感じ。でも入り口に表示されたお湯の温度が47℃。これでは、とても入れそうにありません(-_-;)
d0111216_1975387.jpg

 
 飯坂温泉はかけ流しの熱いお湯が特徴のようですが、飯坂温泉駅からすぐの波来湯(はこゆ)には熱い湯(47℃)と温い湯(42℃)の浴槽があるとの表示。太鼓やぐらを設けたりっぱな外観。「42℃なら入れる」と、お風呂セットを買って入りました。
d0111216_19201665.jpg
 夫とは30分後に会う約束して、女湯へ。お風呂は私ひとりだけで貸切状態。42℃のお湯に肩までゆっくりと浸かりました。源泉をうめたお湯でしょうが、まろやかなお湯でした。試しに熱い方に入ってみようと片足を入れたら、やけどしそうで3秒でギブアップ。地元の人は、毎日この熱いお風呂に入っているとか。信じられませんでした。

 私たちが飯坂温泉にいた3時間は気温の高い昼下がり。だからでしょうか。円盤餃子の店に10人くらい並んでいた人がいた以外、旧堀切邸を見学しても、道路を歩いても人影はまばらでした。
 
 お風呂に入って元気になった私たち。駅に行くと、あのキビタンが帰る私たちを笑顔?で送ってくれたのでした。

 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-08-23 19:54 | おでかけ | Comments(6)

「四国は伊予松山に、三人の男がいた。
 この古い城下町に生まれた秋山真之は、日露戦争がおこるにあたっては勝利は不可能に近いといわれたバルチック艦隊を亡ぼすにいたる作戦をたて、それを実施した。
 その兄の秋山好古は、日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコサック師団を破るという奇蹟を遂げた。
 もうひとりは、俳句、短歌といった日本の古い短詩型に新風を入れてその中興の祖となった正岡子規である。
 彼らは、明治という時代人の体質で、前をのみ見つめながら歩く。上ってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂を上ってゆくであろう。」   NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」より
 
 

 一昨年まで3年間年末にドラマ「坂の上の雲」をしっかり見続けた私たちには、松山はとても楽しみにしていた町でした。ドラマのオープニングで3人が坂を駆け上っていく松本城。行ってみました。
d0111216_0101813.jpg
 松山や 秋より高き 天守閣    子規 
 標高132mにある松山城。途中まではリフトで上ってから天守閣をめざしましたが、高く高くかんじたのでした。偶然会ったアンガールズの2人。坊ちゃんや校長に扮していて暑い中、仕事とはいえ大変だと思いました。

d0111216_08728.jpg
  これはこれはこれはことしの熱さかな  子規
 
 子規記念博物館の建物には、この俳句の大きな垂れ幕が下がっていました。今年の千年猛暑、子規もびっくりの暑さです。ホテルの人に車で送ってもらい、開館と同時に入り静かな中でじっくり見学。子規の人となりがよくわかりました。

d0111216_11343511.jpg 最後に行ったのが、「坂の上の雲ミュージアム」。広い壁一面に展示された司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の産経新聞の連載1296回分は圧巻でした。日本史ではさらっと通り過ぎてしまった明治時代。その激動の時代を力強く生きた3人の人生に学ぶことが多かったです。
 見終わった後は、カフェでお茶。

d0111216_11461168.jpgd0111216_11522938.jpg






 窓の外には、松山城山の緑の中にフランス風建築の「萬翆荘」。美しい景色をながめながら、砥部焼のカップでコーヒーを楽しみました。
d0111216_1403452.jpg 「坂の上の雲ムジューミアム」を出る時、門前で守衛さんといっしょに記念撮影。本物だという勲章を付けた秋山好古風。
 この日はたった4時間ほどの松山めぐりでしたが、しっかり明治時代を味わうことができました。

 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村  
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-08-09 00:12 | おでかけ

 四国へ行ったら一度は訪れたいと思っていた道後温泉に行ってきました。
d0111216_10193759.jpg
 道後温泉は3000年の歴史があり、この道後温泉本館は、明治27年(1894)に建てられた和風建築の堂々とした建物でした。国の重要文化財でありながら入浴もできるのですが、なにしろ3連休の真ん中の日、広場には入浴しようという人たちが行列していました。ちょっぴり残念でしたが、入浴はホテルでゆっくりすることにしました。
 幸いなことに、内部の又新殿(ゆうしんでん)の見学ができるというのでこちらは並ばずに入ることができました。日本唯一の皇室専用の浴室と桃山風の豪奢な造りの玉座の間。ガイドの説明付きで見ることができました。
d0111216_10535693.jpg 三階には「坊ちゃんの間」があり、夏目漱石の肖像や松山中学に英語教師として勤めていた頃の写真が飾ってありました。江戸っ子の漱石は、松山を「猫の額ほどの町内」とか「田舎者はしみったれだ」などとよくは言わないのに、温泉だけは立派なものだとほめていたようです。「坊ちゃん」の中にも「おれはここへ来てから毎日住田の温泉へ行くことに決めている。 他の所は何を見ても東京の足元にも及ばないが温泉だけは立派なものだ。」とあります。
 本館の中は、改築や建て増しを続けたために廊下は迷路のようで、狭い階段は急。55畳の大広間では湯上りお茶とお菓子でのんびりとする人たち。ここは『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルだそうで、なるほどレトロでよい雰囲気でした。

d0111216_1140593.jpg
 泊まったホテルの部屋から撮った道後温泉本館の全景です。左上の緑の小さな屋根の振鷺閣(しんろかく)には大太鼓が吊るされていて、朝の6時に打ち鳴らされていました。

d0111216_1412052.jpg
 こちらは、道後温泉駅。路面電車を降りると浴衣姿の人たちがいっぱい。ここから道後温泉本館までのL字型に延びたハイカラ通りの商店街はのぞくのが楽しかったです。中でも「伊予雛屋」は一刀彫の人形がずらり。ミニ雛がたくさんあり、私のコレクションに加えたいと品定めに時間がかかってしまいました。夫は呆れて近くの甘味処であずき氷を食べて時間をつぶしてくれました。他にもすてきな砥部焼の器に出合えたりと、今振り返ってもとても楽しい時間でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-08-02 14:45 | おでかけ | Comments(4)

 国の重要伝統的建造物保存地区に指定されている脇町(徳島県美馬市)うだつの町並みを歩いてきました。阿波特産である藍の集散地として繁栄を誇った藍商の家屋が、400mにわたって保存されています。
d0111216_1321476.jpg
d0111216_1323154.jpg 「うだつ」とは、屋根の両端に設けられた防火壁のこと。後に自己の財力を誇示するための手段となったそうです。この町並みにはおよそ50のうだつが残されていました。
 「うだつが上がる」の語源だそうです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-07-29 13:28 | おでかけ