カテゴリ:おでかけ( 155 )

  
d0111216_9342378.jpg

d0111216_9355615.jpg

 2日目、松江市内の観光を終えた私たちは、レンタカーで国道431号を出雲大社へと走りました。左手にずっと宍道湖(北岸)を眺めながら。出雲大社をお参りした後は、今度は宍道湖を南岸から眺めながら玉造温泉へと向かいました。
 お天気に恵まれ(やはり私は晴れ女♪)、「宍道湖の沈む夕日」を見ることができました。ただ途中渋滞もあって先を急いでいたので車を止めるわけにもいかず、走る車の助手席から撮った写真です。
 宍道湖をほぼ1周したのでとても広い湖だと思いましたが、なんと日本では7番目の広さだそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
 
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-09-27 21:06 | おでかけ | Comments(2)

 テニスの4大大会、全米オープン男子シングルスで日本初の準優勝を果たした錦織圭選手。帰国した時のインタビューで、日本での一番での楽しみは食事と言い、「魚が好き。ノドグロが食べたい」と笑顔で語っていたのを見ました。彼の郷里は松江です。

 私たちは新幹線で岡山へ。岡山から特急やくもに乗り換えて、松江に着いたのは夜の8時40分でした。ホテルのフロントに荷物を預け、「味処・明島」へ行きました。
 店内は混んでいましたが、岡山で電話で予約しておいたので個室に通されました。

d0111216_16585046.jpg

d0111216_1721752.jpg

d0111216_1724878.jpg

 ネタは新鮮で、分厚く切られた刺身は食べごたえがありました。沖メバルの煮つけもおいしかったです。松江宍道湖のしじみのバター焼きやしじみ汁。鯖寿司等々。チューハイやサワーを飲みながら、思い切り魚介類を味わいました。
 
 

 松江では錦織くんの話になると、皆うれしそうに話してくれました。2日目は玉造温泉に泊まりましたが、ホテルの部屋に案内してくれたかわいらしいFさんは、なんと錦織くんの中高学校の同級生。学校でのエピソードなんかも聞くことができてラッキーでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
 
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-09-25 17:15 | おでかけ

出雲そばを味わう ♪

 出雲大社参拝後は、門前町を歩いてみました。
d0111216_10484013.jpg
 神社参りはさぞ年配者が多いのではと思っていたら、老若男女まんべんなく、意外と若い人や小さな子といっしょの家族連れが多く、門前町はにぎやかでした。朝ホテルのバイキングでしっかり食べたので昼食は遅くてもいいとすでに3時を過ぎていたのですが、どのお店も待つ人でいっぱい。それでも、なんとか蕎麦屋に入ることができました。

 出雲に行ったなら出雲そば。そう長年食べたいと思っていた「本場の出雲そば」は、こんな風でした。
d0111216_1049571.jpg
 丸い器に小分けに盛られた割子そば。そばの上には、玉子やとろろや山菜や薬味がたっぷりとのっていました。そこにつゆを直接かけていただきます。お店によって違うと思いますが、ここのはやや甘めの濃いそばつゆ。「大変美味しゅうございました♪」
 

 今回出雲そばを食べたので、日本3大蕎麦{わんこそば(岩手県)、戸隠そば(長野県)、そして出雲そば(島根県)}を食べたことになります。若い時はうどん派だったのに、いつのまにかそば派になっていた私です(^_-)

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-09-22 11:42 | おでかけ | Comments(2)

秋・出雲大社への旅

 平成の大遷宮中の出雲大社へ行ってきました。
d0111216_22485610.jpg
  
 


 
 松並木の続く参道を進んで行くと御仮殿が見えました。本来は拝殿ですが、「大遷宮」のため現在は祭神の御仮殿(仮住まい)になっているそうです。「2拝・4拍手・1拝」の作法(「2拝・2拍手・1拝」が一般的)を守り、しっかり願い事を祈りました。見上げれば、どっしりとした注連縄が。重さは、1.5tだそうです。奥の神楽殿では、4.4tの日本最大の注連縄がありました。どうやって作ったのでしょう!
d0111216_2259636.jpg

 
 八足門から中の御本殿を参拝しました。御本殿は、大国主命が御鎮座されているところ。屋根の修造工事は終わったそうです。
d0111216_23115114.jpg

 
 出雲大社の東隣にある「古代出雲歴史博物館」も見学しました。
 中でも特に印象的だったのは、高さ48mもあったと伝えられる平安時代の出雲大社本殿の模型。10分の1の大きさでも5mで迫力があり、実物はさぞ壮大であったろうと思われました。
 近くの遺跡から発掘された銅鐸や銅剣。その数の多さにもびっくりしました。
d0111216_0131558.jpg


 縁結びで有名な出雲大社。ここの祭神、大国主命は、人の運命や結縁など、目に見えないことがらを司っていらっしゃいます。
 一度は訪れたいと思っていましたが、60年ぶりの大遷宮中に来ることができました。
 それも、ちょうど60才(還暦)を迎えてすぐに。これからの人生を心穏やかに過ごせますようにとお祈りしてきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-09-21 23:43 | おでかけ

益子・・ひまわり畑+α

d0111216_22531133.jpg
 
 お盆休みの15日、益子のひまわり畑に行ってきました。
ひまわりの花が太陽の光に向かって同じ向きに咲いているのは当たり前だけど、これだけたくさんあると迫力あります。
d0111216_2321067.jpg

 展望台も作られていて、高い所から10ha、東京ドーム約2個分の広さのひまわり畑の眺望を楽しみました。

 その後は、パン好きな夫のリクエストで「えみぱん」へ。小さなかわいいお店です。
d0111216_2395565.jpg
 パンがおいしそうなので、店の軒下のテーブルで昼食にしました。雑木林を眺め、蝉の大合唱を聞きながら。とてもおいしくて大満足でした。

 「starnet」「ひょうたんの灯りルーム」へ行った後は、陶芸メッセの陶芸美術館で作品展を見ました。
 疲れたので、ミュージアムショップのカフェで休憩。
 たくさんあるコーヒーカップの中から今回はこれ(前回はこれ)を選びました。お気に入りのカップで飲むコーヒーや紅茶の味は、また格別でしたよ。
d0111216_23233566.jpg


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-08-19 23:31 | おでかけ | Comments(4)

 先週の土曜日、都内に住む友人Kさんに誘われて千駄ヶ谷に行ってきました。

d0111216_21361611.jpg

 SHIZEN(シゼン)というお店での「弐の市」。11時に配るという整理券をもらうため、Kさんは早くから並んでいてくれました。私も合流し12時の開店時には、2番と3番で入ることができました。
 狭い店内なので、10人位入ると扉を閉めて、器を選べました。Kさん曰く「作家さんの1点ものが多いからまずは箱に確保して後からじっくり考えること」。なるほど、バーゲン必勝法と同じですね。ただ、私はたくさん買うつもりではなかったので、真剣に品定めする人たちを観察しながら、一通り見ました。Kさんは気に入った皿などが見つかりうれしそうでした。私も小さめのコーヒーカップ2つ、ガラスの箸置きセット、プレート(料理はもちろん、苔玉をおいてもよさそう)を買いました。
 
 すっかりお腹のすいた私たちは、近くのRH(ロンハーマン)カフェへ行きました。
広い店内には、生活雑貨や家具、サーフボード、服を扱うお店がありました。
カフェは、満席でしたが、運よく空いたテーブル席に座ることができました。
周りには、若い人ばかり。ソファ席には小さな子を連れた家族がゆったりとくつろいでいました。
 私たちの子育て中は、子が小さいうちは人混みには行かず、けっこうストレスをためていましたが、今の若い人たちは、おしゃれをしてベビーカーを押してこんなステキなカフェに来て、時間を過ごしているんですね。
 10分すると、注文したサラダが運ばれてきました。たっぷりの野菜でおなかいっぱいになりました。
d0111216_22123128.jpg


 この界隈は、JR線「千駄ヶ谷駅」「原宿駅」、東京メトロ「外苑前駅」のちょうどまん中あたりで、けっして便利ではないけれど、なかなかいい所でした。2020年の東京オリンピックでは、千駄ヶ谷駅前の国立競技場も新しくなり、この辺も様変わりしてしまうのでしょうね。

 それにしてもこの日は暑い日でした♪

 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-07-17 22:31 | おでかけ

今年のお花見♪

 4月2日、太平山(栃木市)にお花見に行きました。
ふもとは満開なのに、山の上では・・。
d0111216_22292447.jpg
 何十年ぶりでしょう。栃木市出身の山本有三氏の文学碑を見ました。
 暗唱させられた小学生の頃は何とも思わなかった言葉が、今は心に響いてきました。「たった一人しかない自分を たった一度しかない一生を ほんとうに生かさなかったら 人間生まれてきたかいがないじゃないか」・・・ですね。
d0111216_22314267.jpg
 帰りには、国学院高校前の太平寺の枝垂桜を見に行きました。
こちらは、みごとな満開でした。
d0111216_2232571.jpg
 そして、今日4月6日は山桜で有名な「桜川の桜』(桜川市岩瀬地区)へ。
こちらもすばらしい満開でした。
d0111216_22371326.jpg

 2日間とも花曇りでのお花見でしたが、今年も桜の美しさを味わうことができてよかったです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-04-06 23:03 | おでかけ | Comments(8)

 IL DIVOコンサートの翌日、私たちはホテルでゆっくりと朝食した後ホテルを後にしました。
 メロンさんのリクエストで「靖国神社」を参拝。桜の開花宣言の時に必ず映し出される「標本木」も見てきました。(11日のことなので、もちろん桜は固いつぼみの状態でしたが)
 お天気がよかったので、皇居外苑を散歩。平日の午前中にもかかわらずジョギングしている人たちに出合いました。
 その後は、地下鉄で六本木へ。 黒柳徹子主演 海外コメディ・シリーズ25周年記念公演『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』を観劇しました。

(以下、ホームページのコピペです)

公演日程2014年3月8日 (土) ~2014年3月23日 (日) 作ロナルド・ハーウッド 演出高橋昌也
出演 黒柳徹子 阿知波悟美 団時朗 鶴田忍.

1989年にスタートした黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズの第28弾として、2011年に初演し、好評を博した『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』を再演します。
今回から会場を、2013年秋オープンの新劇場、EX シアター六本木
『想い出のカルテット』は、『ドレッサー』などで著名な英国の脚本家ロナルド・ハーウッドの傑作戯曲。あのダスティン・ホフマンがメガホンを取り、マギー・スミスらの出演で映画化もされた笑いと涙の物語です。
かつてオペラ「リゴレット」で共演したことがある元オペラ歌手4人が、作曲家ヴェルディ生誕を記念するホームでのコンサートで、再び「リゴレット」の四重唱を披露しようとするが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もうすぐ、80才だという黒柳徹子さん。あのたくさんのセリフを覚えるのは大変でしょうね。それにテレビでよく見かける芸達者な3人。楽しい2時間半でした。
 見ていて「人は心がけ次第でいくつになっても頑張れるんだ」と思いました。観客はシニアの人が多かったのですが、終わった後には、4人に皆であたたかい拍手を送りました。

 さて、EXシアターを出たのが4時半。メロンさんと別れ新幹線に乗って急いで帰ってきました。この日は練功十八法の日。大急ぎで着替えてなんとか準備体操をしている7時5分に着きました。
 次のIL DIVOコンサートにも行くために、体力をつけていつまでも元気でいないとね(^_-)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-30 17:41 | おでかけ

d0111216_2031950.jpg
 この日私とメロンさんは、東京丸の内にある「パブ・カーディナル」に行きました。店内は、IL DIVO色いっぱい。特大のパネル、スクリーンに映し出されるライブ映像、流れる歌声。早目の夕食をしながらこれから向かうコンサートへの期待に胸は高鳴りました。IL DIVOファンたちで満席。私たちと同席した仙台から来たという女性とも、熱くおしゃべりしました。

 日本武道館で19時から始まった『IL DIVOコンサート』はすばらしかったです。今回は「A MUSICAL AFFAIR」。ミュージカルの名曲をたっぷり聴きました。お馴染みのミュージカルソングもIL DIVOにかかると彼らのオリジナル曲になってしまいます。曲によって、英語の曲でもスペイン語やイタリア語に替えてあるのです。
 カルロスの重厚感のあるバリトンは、ミュージカル曲をドラマティックに盛り上げます。スペイン人らしく、観客の女性に対しては毎度ウィンク、笑顔のサービス。
 デイヴィッドのしなやかな美声はすばらしい。MCで言ってましたが、歌手としての始まりとなったオーデションはミュージカル曲だったそうですよ。
 ウルスは、艶と張りのあるテノール。彼の美しさもステキです。今回のプログラムのヨセフに扮した写真にはびっくりしましたが。
 4人の中で、唯一ポップス界出身のセバスチャン。彼の声が加わることでIL DIVOならではの歌声になると思います。

セットリスト

ACT ONE
Overture
1. Tonight   (ウェストサイド・ストーリー)
2. Some Enchaned Evening   (南大西洋)
3. If Ever I Would Leave You   (キャメロット)
4. Flowers Will Bloom
5. Can You Feel The Love Tonight (with Lea)   (ライオン・キング)
6. Defying Gravity (by Lea)   (ウィキッド)
7. Memory   (キャッツ)
8. I Will Always Love You  (ボディガード)
9. Don't Cry For Me Argentina   (アルゼンチンよ、泣かないで)
10. Somewhere   (ウェストサイド・ストーリー)

ACT TWO
11. The Winner Takes It All   (マンマ・ミーヤ)
12. Bring Him Home  (レ・ミゼラブル)
13. Love Changes Everything   (アラベクツ・オブ・ラブ)
14. FURUSATO
15. Who Can I Turn To?   (ドーランの叫び、観客のにおい)
16. Back to Before (by Lea)  (ラグタイム)
17. I Dreamed A Dream (by Lea)  (レ・ミゼラブル)
18. The Music Of The Night (with Lea)   (オペラ座の怪人)
19. Impossible Dream   (ラ・マンチャの男)
20. You'll Never Walk Alone   (回転木馬)

Encore
21. My Way
22. Time To Say Good-Bye

 今回のコンサートでは、フィリピン出身の女性シンガー レア・サロンガが参加し、歌声はもちろんですが、ステージがとても華やかでした。
 2年前のコンサートでは、東日本大震災の鎮魂を願って唱歌「ふるさと」を歌ってくれた彼ら。今回も歌ってくれました。また、復興ソング「花は咲く」の英語バージョン。この2曲は本当に心に沁みました。

 今年デビュー10周年のIL DIVO。私は、アイルランド旅行中に彼らの歌声に出合いファンとなって8年。日本でのコンサートが4回ありましたが、全部行くことができました。
 この8年間は、私にとっても父母や義父を見送ったり、震災に遭ったり等々大変でした。どんな時もIL DIVOの歌声に励まされてきました。これからもずっとずっと聴き続けたいと思います。

 コンサート中、「いつまでもこの時が続いてほしい」と願いましたが、2曲のアンコールで終了しました。
 外は、冷たい風が吹いていたのですが、興奮していたためか寒いと感じなかったのでした。「次のコンサートにもぜひ一緒に来ましょう」とメロンさんと話しながら、ホテルへと向かったのでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-13 23:10 | おでかけ | Comments(6)

d0111216_2302969.jpg
 京都の紅葉を観る旅でしたが、合い間に大河ドラマ「八重の桜」ゆかりの、新島旧邸を訪れました。
 新島旧邸は、同志社の創立者である新島襄とその妻・八重の私邸で、前もって予約しておいたので見学することができました。
 2階にバルコニーをめぐらせた建物で、和に洋を取り入れたものでした。
d0111216_2345473.jpg
 襄の書斎には洋書が並んだ書棚があり、、同志社の学生は図書館のように」自由に利用したそうです。
 八重の台所。当時の京都の民家では、土間が一般的でしたが、ここでは床板の上に流しがありました。井戸も室内にありました。それに八重愛用のワッフルベーカーも。ドラマの中でも学生にクッキーやワッフルを焼いてご馳走する場面が出てきました。ドラマでは綾瀬はるかが八重を演じましたが、実際の八重は全く似ていず、かなりふくよかでした。料理が上手くお菓子もよく作っていたようでしたからね(^_-)
 応接間には八重の弾いたオルガンもありました。
 和室は、最終回に出てきた茶室「寂中庵」が。
 

 幕末には戊辰戦争では、銃で多くの敵を狙撃した八重。明治には兄・覚馬を頼って京都へ移住。新島襄と出会い、いっしょに同志社を設立。襄亡き後は,篤志看護婦として日清・日露戦争で活躍。また、晩年は茶道家としても活躍したのです。波乱の一生でしたね。
 
 
 1年間ドラマを見てきた私たちには、今回の見学は大変興味深いものでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
 
[PR]
by naninunenonko0905 | 2013-12-16 23:52 | おでかけ