<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いつか、本場広島のお好み焼きを食べたいと思っていました。
今回の旅行でそれが叶いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「麗ちゃん」という店に並びました。
そしてカウンター席を確保し、お好み焼きの技を見せてもらいました。
d0111216_23163655.jpg
d0111216_23171059.jpgd0111216_23174237.jpgd0111216_2318654.jpg




 
 1.生地をクレープ状に薄くのばす。
 2.魚粉をふりかけ、その上にたっぷりのキャベツ、もやし、豚バラ肉をのせる。
 3.②をひっくり返す。(生地が蓋の役目をして、キャベツが蒸されてぺちゃんこになる)
 4・さっとゆでた麺をしっかり炒め、③の上にスライドさせる。
 5.その脇で卵を焼いて、本体の上にのせる。
 6.焼きあがったら、ヘラで押さえ、ソースをのばし青のりをかけてできあがり!

その間20分くらい。手際のいいこと。無駄な動きはありません。
L字型の大きな鉄板に焼き手は5人。チーフらしき人が自らも焼きながら他の人に指示して、次々とお好み焼きができあがっていくのです。
おいしかったです。やはり本場は違うと思いました。
私はそば入りで、娘はうどん入り。うどん入りもモチモチしていておいしかったです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旅行から帰って3日後、家で早速作ってみました。
もちろん鉄板はないので、ガス台にフライパンを2つ並べてやってはみたのですが、思ったようにはいきませんでした。
ソースは本場でしか買えないと言われて買ってきた「ミツワお好みソース」を使ったのですが・・・。

今度はホットプレートを使って、再挑戦しようと思っています。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-30 20:49 | 旅の思い出 | Comments(4)

広島・平和記念公園へ

6月17日、広島の平和記念公園へ行きました。
d0111216_2123337.jpg
テレビなどで何度も目にした原爆ドームですが、実際に見ると鉄骨がむき出しになり、まわりには崩れたレンガの山がそのままになっていたので、とても衝撃を受けました。
「人類史上初の原爆による惨禍を後の世まで伝えたい」と廃墟のまま保存され、世界遺産にも登録されたそうです。
d0111216_213425.jpgd0111216_2133315.jpg広い園内には、数多くの石碑や像があり、惨劇の足跡が残されていました。
その中で、「原爆の子の像」のまわりには、全国各地から届けられた千羽鶴がありました。

平和を願って一生懸命に鶴を折った子どもたちの姿を想像し、戦争は絶対にあってはならないと思いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-27 20:42 | 旅の思い出 | Comments(4)

安芸の宮島へ

6月16・17日、日本三景の一つ「安芸の宮島」へ行ってきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_23222438.jpg観光船で宮島桟橋に着くと、鹿が迎えてくれました。人に慣れていてとてもかわいい鹿たち。
でもエサを与えないようにと言われました。ホント、鹿せんべいを出した途端、たくさんの鹿が集まって来て困っている人がいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
厳島神社は寝殿造りの様式を取り入れ、海を敷地とした奇想天外な設計です。
その日は、運よく祭礼が行われていたので、平安時代の雅さを感じることができました。
また、ちょうど満潮時だったので、回廊を進むとあたかも海の上を歩いているような気分になれました。
d0111216_23252651.jpgd0111216_23351719.jpg








d0111216_23364815.jpg現在建っている大鳥居は、平清盛が造営したものから8代目で1875年(明治8)年の建立だそうです。

高さ16m、横幅24mのクスノキ材。
砂の中に埋めることなく、自らの重みで立っているというから驚きです。

前日の夜、泊まったホテルからナイトクルーズに参加し、ライトアップされた大鳥居の下をくぐりました。とても神秘的でした。
上を見上げると真ん中に「厳島神社」(裏は「伊都岐島神社」でした)と書かれた額が架かっていますが、なんと畳3畳の大きさだとか。この鳥居がいかに大きいかがわかりました。
d0111216_23383640.jpgd0111216_2339853.jpg






ここは、世界遺産というだけあって、周辺にも千畳閣や五重塔など、見どころがいっぱいでした。

さらに、表参道での食べ歩きも楽しめました。d0111216_22393929.jpgd0111216_22405621.jpg







もみじまんじゅうは定番のこしあんのほかに、チョコレート、クリーム、チーズ味まであります。
まんじゅうとはいえ、皮はカステラなので、合うはずですね。
アツアツの「揚げもみじ」もありました。
焼がきも食べてみました。店先で焼いているので、レモン汁をしぼり立ち食いするのです。
プリッとしてジューシーでした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-23 21:29 | 旅の思い出 | Comments(4)

倉敷の町へ

6月16日、倉敷の町へ36年ぶりに行きました。
d0111216_20453095.jpg高校生の時の修学旅行以来、2度目の訪問です。

風にそよぐ柳の枝、川面に映る白壁の蔵・・・。気ままにのんびりと歩いてみました。

私の生まれ育った栃木市にも似た街並みが残っているので、なつかしい気持ちがしました。

d0111216_20455644.jpg1枚岩が支えるアーチ状の橋(中橋)、その向こうには、なまこ壁の倉敷考古館が見えます。川の両側には蔵造りの建物が続き、江戸時代へタイムスリップしてしまいそう。
観光客もたくさんいましたが、皆ゆったり歩いているのは、この美しく落ち着いた街並みのせいだったかもしれません。


d0111216_2052749.jpgd0111216_20523348.jpg途中、日本郷土玩具館へ立ち寄りました。そこには、全国の郷土玩具がたくさん展示されていました。併設のショップで気に入った倉敷雛を買いました。高さ3cmの素朴なミニ雛。私は18年前からミニ雛を集めているので、また一つふえて、うれしくなりました。
←いろんなお面がずらりと展示

倉敷と言えば、もう1ヶ所大原美術館d0111216_22244912.jpgd0111216_22251668.jpg


















正門を入るとギリシャ神殿風の本館があります。
中でゆっくり絵を鑑賞しました。
私の記憶に残っていた作品はモネの「睡蓮」だけでしたが、驚いたことに、ここにはその他にルノアール、ゴーギャン、ミレー、ドガ、ピカソ・・・。私の好きな、シャガールやモディリアーニまでたくさんの名画が揃っていました。
今回は、記念にセガンティーニの「アルプスの真昼」のファイルケースを買いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-22 23:11 | 旅の思い出 | Comments(2)

青梅を使って

d0111216_2234443.jpg実家へ行った時、庭になった青梅をたくさんもらってきました。今年のは、傷もなく大きめのとてもいい梅です。
とてもわが家だけでは使い切れないので、ご近所にも分けました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは、スーパーでホワイトリカーと氷砂糖を買ってきて・・・。


d0111216_22345429.jpg梅酒を作りました。9月頃にあっさり味の梅酒ができるはず。それまでに、昨年作ったコクのある梅酒を飲みきらないと。
梅シロップも作りました。氷砂糖だけでなく200ccのお酢も入れました。これは、1ヶ月後には飲めるでしょう。無糖の炭酸水を加えて飲んだらおいしいと思います。


d0111216_2235325.jpgさらに、残った梅で梅の甘露煮を初めて作ってみました。
インターネットで「青梅甘露煮」を検索したら作り方があったので、その通り作ったら皮が破れずにきれいに煮上がりました。さましてから冷蔵庫で冷やしました。
食べてみたら、冷たくて、甘酸っぱくて、なかなかいい味でした。

梅雨入りしたのに雨が降らずに暑い日が続きますが、梅のパワーをもらってこの夏を何とか乗り切りたいと思っています。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-16 22:38 | 手作り | Comments(6)

父のワープロ

d0111216_13523642.jpg

これは、90歳の父のワープロです。

父は68歳で現役を退いてからワープロを使い始め、2冊の本を書き上げたり、新聞に投稿したりしてました。このワープロは3台目だそうです。
昨年12月に入院し一時はどうなることかと心配しましたが、幸い1月に退院することができました。かえって、入院前より元気になったようで、「現世に戻された私」という手記をワープロで打ち、手渡してくれました。身近な人の臨死体験は、とても興味深く、家族皆で読みました。

父の生きがいの元でもあったこのワープロが先月故障してしまいました。
シャープの「書院」ですが、もう10年以上前のこの型はもちろんなくて、修理するにも部品がないだろうと言われたそうです。

父の昔の教え子だった人は、家にあるワープロを持って来てくれました。
兄はインターネットで「書院」の父のよりは新しい型の中古品を見つけ、送ってきました。
しかし、高齢の父には、今までのとは違う機械に挑戦するのはとても無理なことです。
私が、兄の送ってくれたワープロに慣れ、父に説明するしかないと思っていました。

ところが、ダメもとでと送ったシャープ本社で、修理してくれた結果、なんと使えるようになり、一昨日戻ってきました。
父はとても喜び、また机の前に座り、ワープロを使う毎日となりました。

私が、機械音痴の私が、今年になってパソコン講習に通い、こうしてブログをやってみようと思ったのも、父の姿を見ていてなのです。

今日ちょっと早いのですが、「父の日」のお花を持って行きました。
父には、いつまでもがんばる姿を私たちに見せてほしいと思いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-14 22:56 | つぶやき | Comments(6)

ちょっと おひるね

季節の変わり目のせいか、それとも年のせいか、近頃疲れやすくなってしまいました。
今日は午前中杏仁豆腐を作ったので、私と夫の実家へ持って行こうと思いましたが、体の方が言うことを聞いてくれませんでした。

そこで、最近試してよかったと思われる次の方法をやってみました。
d0111216_20213784.jpg

コーヒーを飲んでから、テーブルの上に伏せて仮眠する
たったこれだけですが、昼寝の直前に飲んだコーヒーのカフェインの効き目か、20分位で自然に目覚め、しかも気分がすっきりするのです。
この方法に必要なアイテムは、小さな枕。私のは、数年前の母の日に娘から贈られたもの。「なまけたろう」シリーズの枕です。

今日も、昼寝の後は元気が出て、車で40分ほどかかる実家まで行くことができました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-09 21:12 | つぶやき | Comments(4)

美登利寿司へ行く

先日上京した折、小田急梅が丘の美登利寿司へ行きました。
ここは、テレビや雑誌でよく紹介されるお店です。
もう10年も前に家族全員で入ったことがありますが、今回は娘とふたりです。
d0111216_21582418.jpgd0111216_21593383.jpg







d0111216_2225810.jpg








(おいしいし、雰囲気も活気あふれる本格的な寿司屋・・なのに安いから、いつも混んでいるのですね)

やはり、店の前にはたくさんの人が並んでいました。
日中は暑かったのに、夕方から風が吹き出して寒いくらい。
セルフの暖かいお茶を飲みながら、待ちました。
「おいしいものを食べるだけのために行列に並ぶなんて、平和だからできることね」とふたりで話していました。

40分後やっと店内へ。私たちは、カウンター席へ。

う~ん。おいしいー!ネタが新鮮。
娘は好き嫌いがあるのに、板前さんの威勢のよさにひっぱられてか、ウニも数の子も完食しました。
海鮮サラダやじゅんさいのみそ汁も美味でした。

穴子一本寿司(前回食べました)や炙り寿司もおいしそう。

またいつか、家族皆で来たいと思いました。

追記: 美登利寿司は小田急線の梅が丘駅南口徒歩2分の所にあります。
j-farmさんは早速いらっしゃっておいしかったそうですが、2駅先にも違う美登利寿司があるそうで、間違えそうになったそうです。ご注意下さい!
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-06 20:33 | おでかけ | Comments(4)

わが家の庭(5月)

d0111216_13265369.jpgバラの季節となりました。
わが家の庭には3種類のバラがありますが、それぞれきれいに咲いてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モッコウバラ
お隣のNさんから3年前に小さな苗を分けてもらいました。
今では、120cmの高さに。
棘はなく、虫もつかないので、バラ初心者の私向き。
鉢植えなので、満開の時期だけ玄関脇に移動して皆に見てもらっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0111216_133744.jpg















d0111216_1341061.jpgベビー・マスケラード
スタンダード仕立てなので、今年のように花がたくさん咲くと重みで枝が折れそうになるため、かわいそうでしたが下の方を剪定しました。
これはミニバラでとても花つきがいいです。
花色が蕾の時は、黄色。その後サーモンピンクから赤色へと変化していき、とても華やかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_1421517.jpg















d0111216_1443081.jpgヘリテージ
今年1月末、IL DIVOのコンサートへ行った記念に、日本橋三越のチェルシーガーデンで買ったバラです。
大苗だったので、植えてからわずか3ヶ月半でりっぱに咲いてくれました。次々に咲き、花はとても上品なピンク色。香りもよくてうれしくなりました。


ただ、花持ちがよくなくて・・・。
でも、朝見に行くと株元にきれいな花びらを落としていて、それもいいと思いました。
美しいうちに花を散らす潔さが感じられて、大好きなバラとなりました。

上の写真はヘリテージの3段階の花を活けたもの。
花器は、実は毛筆立て。
子どもたちが以前書道を教えていただいたM先生からいただいたもの。
私は、書道を嗜まないので、こんな使い方をさせてもらいました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-06-01 20:10 | ガーデニング | Comments(6)