<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ベランダのテーブル

これ、何だかわかりますか?

d0111216_22152725.jpg実は、これは足踏みミシンの足の部分です。

今から10年位前のこと、実家の物置を壊すというので思い出の品を取りに行きました。

そこで、ダンボール箱の中の卒業アルバムや文集、大学の卒論などを見つけ出しました。


d0111216_2229950.jpgその時、物置の一番奥にあった足踏みミシンがとても気になりました。木の引き出しを開けると、服の小さな切れ端が。私が小学生の時に母が作ってくれたスカートとブラウスのだとすぐにわかりました。
このミシンを処分してしまうと言うのですが、それが残念で・・・。
でも持って帰るにはとても重すぎました。
考えた末、分解して足の部分と3つの木の引き出しだけを持ち帰りました。

これでテーブルを作ろうと思いましたが、結局自分では無理でした。
足のところは、近所のM工業で鉄の棒を渡し固定してもらい、天板は知り合いの建具屋さんに丸い形の板をつけてもらいました。
「手作り」とはいえ、私がしたのは、天板のペンキ塗りだけです。

このテーブル、以前は子どもたちとバーべキューの時によく使いましたが、今はお天気のよい日にお茶を飲むことがたまにあります。
ふだんは、家事の合間に一休みしたり、洗濯物をたたんだりするのに使います。

昔は、どこの家にもあった足踏みミシン。

カタカタと私たちの服を縫っている母の姿を思い出します。
たしか、ブラザー社のミシンだと思いますが、ロゴがなぜ「SISTER」なのか?
貧しい時代のミシンなのに、しっかり作ってあるし、デザインが繊細でステキだった・・・等々

このテーブルの前に座ると、いろんなことが頭の中をよぎります。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-31 10:05 | 手作り | Comments(10)

7月4日のブログに書いた「ラズベリーのサワードリンク」と、6月16日に書いた「梅シロップ」ができあがりました。

d0111216_21264541.jpgラズベリーのサワードリンクは氷水で、梅シロップは無糖の炭酸水で割りました。
どちらも、甘酸っぱくて、さっぱりとした味になりました。

梅雨明け間近な今、この蒸し暑い日を過ごすのがつらくなってきました。

疲れた時はつい栄養ドリンクに頼っていましたが、こうなってくると何本あっても足りなくなりそうです。それに、カロリーも気になります。

これからは、この自家製ドリンクを飲みながら暑い夏を乗り切っていきたいと思います。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-28 21:49 | 手作り | Comments(6)

アイルランド旅行中、いくつかのおいしいものに出会いました。

d0111216_14544155.jpg今日のような暑い日になつかしく思い出されるのは、「ギネスビール」の味です。

私はふだんはビールを飲みません。
この旅行中、一緒に行った娘がいつの間にか、飲めるようになっていて、しかも強かったのにはびっくり。また、他の3人もビールやワインが大好きな人たちでした。
この時期(6月)のアイルランドの日没はおそくて、暗くなるのは夜の10時ごろ。
夕食はお酒類を飲みながらゆっくり時間をかけました。そんな1週間を過ごすうちに私も少しずつ強くなっていきました。
あの、きめの細かい泡の黒ビール!ホント、おいしかったです。


d0111216_1455420.jpgビールのおつまみにぴったりだったのが、「ムール貝のワイン蒸し」
ふだん食べているより、ずっと小ぶりでしたが、身がしまっていてレモン汁をしぼって食べるとおいしかったです。

そして、最もおいしいと思ったのが、「ラムステーキ」
マッシュポテトの上に骨付きのラム肉。

d0111216_14555517.jpgとてもやわらかくて、ミント味のソースがよく合っていました。

私たちが車で北へ向かう時に見た、羊や牛の草を食む風景。羊たちはいかにものんびりゆったりしていました。夏でも、涼しくて過ごしやすかったですし、冬も、メキシコ湾暖流の影響で雪はほとんど降らないそうです。1年中緑に恵まれたこの地に育った子羊の肉。おいしいはずだと思いました。
このラムステーキは、アイルランドでの最後の晩の食事に食べただけに、忘れられない味となりました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-24 20:08 | 旅の思い出 | Comments(4)

私の好きな花

私の好きな花は、いくつかありますが、「カラー」の花(白色)も大好きです。
この花、咲く姿が凛としていて、すっきりとしたフォルムがいいなと思います。

10年前染色を習っている時も、このカラーを選びました。
まだ初心者だったのに、大胆にも60cm×140cmの藍染のタペストリー(麻布)を作りました。
藍色と白の花のコントラストが涼しげに見えるので、このタペストリーを今の時期に居間の壁に掛けることにしています。

d0111216_16523298.jpgd0111216_16525936.jpg

















「カラー」の花は育てたことはありませんが、これに似ている「スパティフィラム」はもう20年も育てています。
最初はたしか弟夫婦からもらったのですが、株分けしながら今に至っています。
梅雨時の今が植え替えにいい時です。
以前は1鉢を半分に分けたのでたくさんの鉢ができ、それを欲しいという人に差し上げていました。でも、なかなかうまく冬を越せないらしくて・・・。
それで、近頃は、鉢は換えずに株をひとまわり小さくして植え替えています。
今年は大きな鉢4つを2時間かかって植え替えました。
土は鹿沼土(中粒)100%が水はけよくていいようです。
根がぎっしりだったので、新しい土にしたら、葉が生き生きしてきました。
根が落ち着けば、またさわやかな白い花を咲かせてくれると思います。

※ 上の2つの花で、私たちが花と思っている白いところは茎の延長で、本当の花は、芯のクリーム色の部分のみだそうです。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-20 22:47 | ガーデニング | Comments(2)

紬の町のカフェ

先日、Sさんのお誕生日のお祝いをしたお店のこと紹介します。

私の住む町は紬の町。
このカフェは見世蔵を改装したもので、店内には着物や帯や陶器などが並べられ、それらを鑑賞しながらお茶を飲むことができます。

d0111216_2332164.jpgd0111216_23324622.jpg











メニューを見て注文したのは、コーヒーと名物「ゆでまんじゅう」。この2つは意外と合い、おいしかったです。やはりコーヒーにお砂糖は入れない方がいいですが。

d0111216_23345522.jpg私たちの他にもう一組のお客さんがいました。
真っ白なスーツをステキに着こなす御婦人。どこかの社長婦人で紬の着物を買いに来たのでは・・と思いました。
運転手付きの車で帰られた後、お店の人が教えてくれました。服飾デザイナーの「稲葉賀恵さん」でした。

d0111216_13175981.jpgある婦人雑誌の撮影で、稲葉さんが紬を着て真向かいの紬問屋を背景に写真を撮ったそうです。
この町は、先日旅行した倉敷のように、古い建物が続いて残っていないのがとても残念です。いつもはこの辺は車で通り過ぎていましたが、時々はゆっくり歩いてみようと思いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-15 08:38 | おでかけ | Comments(4)

Sさんの誕生日を祝う

昨日は近所に住む友人Sさんのお誕生日でした。
カフェで、ふたりでお茶を飲みながらお祝いしました。

Sさんとのお付き合いは、この町へ越してからなので、15年。
家はわが家の前なのですが、間によその家の畑があるので、ぐるっと廻らないとたどり着けません。「岩手県の厳美渓のおだんごやのように、家の2階と2階をロープで繋げれば籠に入れておすそ分けできたりと便利なのにね」と話すほど親しい仲です。
ふたりでお互いの誕生日をいっしょに祝うようになったのは、7年前から。
贈るプレゼントは、2000円以内という制限がついています。
いまどき2000円では気の利いたものを探すのは、結構大変。
でも、だからこそ探すのはゲーム感覚で楽しくもあります。
d0111216_22315110.jpg
今回のプレゼントは「時計」。左のポシェットは3年前に贈ったものですが、それに付けてもらいたくて。
ふたりで散歩することもありますが、携帯電話と小銭入れとハンカチを入れて身軽に歩けます。さらに時計を付ければ便利かなと思って・・・。散歩すると汗をかくので、腕時計はしたくなかったので。

このプレゼントをSさんは喜んでくれたので、私もほっとしました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-12 22:22 | つぶやき | Comments(2)

7月1日(日)、恵比寿ガーデンプレイスへ3年ぶりに行きました。
d0111216_22445292.jpgd0111216_22454924.jpg










ここの花々がすばらしいと聞いていたのですが、もう盛りは過ぎているようで少しがっかり。
でもインパチェンスだけは咲いていて水の上を彩っていました。
娘と待ち合わせし恵比寿三越をぶらぶら。夕食は向かい側のガーデンプレイスタワーで食べることにしました。
d0111216_22564891.jpgd0111216_22573711.jpg















最上階の39階「ViVi la verde」でイタリア料理を食べましたが、そこから見た東京タワーの夜景はすばらしかったです。
また、帰りに見たシャトーレストランはライトアップされ、浮かび上がって見えました。

d0111216_2383741.jpgここで夕方から夜への3時間を過ごしましたが、同じ景色がライトによってみごとに変身していました。

近くのマンションに住んでいると思われる人たちが、犬を連れて集まってきました。
ここは、セレブたちの夜のお散歩コースのようでした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-09 22:52 | おでかけ | Comments(2)

七夕

d0111216_13595079.jpg昨日の朝、いつものように駐車場の掃き掃除をしていたら、隣のおじさんが道路にはみ出している笹の枝を切っているところでした。
「明日、七夕だけれど笹竹いる?」と聞かれたので、「お願いします」と答えました。

七夕飾りをするのは何年ぶりでしょう?
ちょうどこの週末、こどもたちが帰省するのでベランダに飾ることにしました。

家事の合間に作るので、なるべく簡単にと思いました。

輪飾りを作るのは簡単ですが、折り紙を細く切るのがめんどうです。
そこで、付箋を使いました。私は近頃、「うっかり」が多いので、いろんな所に付箋を使っています。いくつも持っている中で幅が狭い18色入りの付箋にしました。付箋の便利なのは、すぐはがせるところ。でも今回ははがれないように、セロテープで貼りました。
もう一つの飾りは、小さな折り紙(千代紙)を三角に折ってつないだものにしました。

昔は、こどもたちと部屋中いっぱい散らかしながら飾りを作ったり、、短冊に願い事を書いたり。
ワイワイガヤガヤしながら作ったのを、なつかしく思い出しながら作りました。

できあがったので、ベランダに飾りました。
風が吹いていて、まさに童謡の「笹の葉さらさら、軒端に揺れる」の風情でした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-07 22:32 | 家族の記念日・季節の行事 | Comments(4)

わが家の庭(6月)

d0111216_22483128.jpg

6月の庭仕事はちょっと忙しかったです。
花壇の「春の花」がすっかり終わったので植え替えの時期ですし、梅雨前に草取り、消毒もしなくてはなりませんでしたから。ふだんは私の仕事ですが、木々の枝打ちと消毒は夫に手伝ってもらっています。

この日(日曜日)は、快晴で風も吹いていないので、朝食後ふたりで庭仕事をしました。
梯子に登って、枝打ちしてから、消毒しました。大きな木6本、その他、さつきやバラなども消毒しました。
さあ、これから片づけをと思ったら、夫は「♪仕上げはおかあさーん♪」と歌いながら家の中へ。あらら、子どもたちが小さい時よく見ていた、テレビ番組「おかあさんといっしょ」の「はみがき上手かな」のフレーズを使われてしまいました。ま、しょうがない!とひとりで片付けること30分。

と、シャワーを浴びてさっぱりした夫が、缶コーヒーを持ってきてくれました。
いすに座って冷えた缶コーヒーを飲めば、ちょうど心地よい風も吹いてきました。
すっきりした木々を眺めていると、昔植木屋さんが縁側で煙草をふかしながら、松の枝ぶりを眺めていた時の気持ちがわかるような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月の庭には、ラベンダーが咲いていました。
d0111216_22501482.jpgd0111216_2251918.jpg









ラベンダーの花をドライにして、缶に入れました。
後で、ポプリを作ろうと思います。


ラズベリーも赤い実をつけました。
d0111216_22545610.jpg毎朝、手の平いっぱいの実が採れるので、ヨーグルトに入れて食べたり、冷凍しておきます。
冷凍ラズベリー(250g)とりんご酢(500ml)とハチミツ(250g)を加えて冷蔵庫で1~2週間でさっぱりさわやかなサワードリンクのもとができます。もうすぐできあがるので、炭酸水で割って飲もうと思います。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-07-04 22:42 | ガーデニング | Comments(4)