<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おせち 準備中

d0111216_23332135.jpg黒豆を圧力鍋で作りました。
短い時間でできますが、味に深みが出ないので、ふたをあけたままで弱火で煮含めました。
昔、母が豆を煮る時に「お豆の煮えたの御存じないかと言うくらい、とろとろと弱い火でじっくり煮るとおいしくなる」と言っていたのを思い出しました。
できあがりの味はいいのですが、今回はなぜかふっくらでなく、しわがよってしまいました。煮汁が足りなかったのでしょうか。

d0111216_2352821.jpg伊達巻を焼きました。
これは、義母から教えてもらいました。
卵、はんぺん、調味料をブレンダーで混ぜて、卵焼器でゆっくり焼きました。
大きな卵焼器(蓋つき)は義母から貸してもらい、鬼すだれは私が義母に貸します。
弱火で15分ほど焼いて焼き色が付いたらひっくり返すのですが、義父手作りののステンレスのへら(文房具の下敷き状)を使うとうまくできます。
焼きあがったら鬼すだれを巻いて冷まします。私は輪ゴムで留めたのですが、ゆるかったのか形がいびつになってしまいました。
義母は輪ゴムでなく、ひもでぐるぐるきつく巻くそうで、次回はそうしようと思いました。
切りながら、端を味見しましたが、これなら甘すぎず子どもたちも喜んでくれるかもしれません。

  ※伊達巻の材料
    卵・・・6ケ  はんぺん・・・1枚
    砂糖・・・大さじ5  みりん・・・大さじ1  酒・・・大さじ1  塩・・・少々
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-30 23:45 | 手作り | Comments(4)

かんたん白菜漬け

[問題] 白菜を漬ける時、どんな道具を使いますか?

   答え 漬物用桶と重石・・・・・ピンポーン060.gif
       卓上漬物器・・・・・ピンポーン060.gif
でも、私の答えは・・・・・061.gifゴミ袋と掃除機です。

d0111216_22425982.jpg今日、8kgもある大きな白菜をいただいたので、早速、白菜漬けに取りかかりました。

① 白菜を4等分してその1つを洗って、半日ベランダで干す。
② ゴミ袋の中に白菜(2kg)を入れ、3~4%の塩をまんべんなく振る。
③ 赤唐辛子、ゆず、昆布を加える。


d0111216_2312822.jpg④ 酒、砂糖も少々入れる。
⑤ 袋の上からビンの底などで、白菜の白い茎のところをたたく。
⑥ ゴミ袋の口をぎゅっとしぼり、そこに掃除機のホースの先を入れ、スイッチonし、中の空気を吸い出す。
⑦ 袋ごと冷蔵庫に入れる。
⑧ 2,3時間で食べ頃となる。


d0111216_23185244.jpg3年前に試行錯誤しながら、この作り方になりました。
一度にたくさんは作らないので、私は塩分を3%にします。
掃除機で空気を吸い出し圧縮することと、白菜をビンの底でたたくことで、早く漬かるようです。
狭いキッチンでも、漬物桶を置くことなくできてなかなかいいですよ。

※ このアイデア、掃除機を使うのは隣のおばさんから聞きました。「テレビでやっていたけど、どうなんだろう?」と。
※ ビンで叩くのはのは、私オリジナルです。ストレス解消にもなりますが、音が出るので、下にバスタオルを敷くといいですよ。
※ 「掃除機のホース入れるのってちょっとね」とは、これを見た夫のことば。
心配御無用!ホースの先にラップの芯をつけてます。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-28 23:57 | 手作り | Comments(9)

今日は、クリスマスイブ。でも、子どもたちは、友人と楽しく過ごしているはずです。
なので、わが家では、昨夜のうちにクリスマス会をしてしまいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例年なら、シフォンケーキを焼くはずですが、私は数日前から左腕を挙げると痛くて、急に作る気がしぼんでしまいました。

そこで今年は、市販のスポンジ台にデコレーションをすることにしました。
まずは、材料を揃えるためにスーパーへ行きました。すぐに見つかると思ったのに、まわりにつけるバンビーニフィンガービスケットがなかなかなくて、結局4軒目に行ったスーパー、マルシェで買うことができました。

やっと材料がそろって、二女といっしょに作ったクリスマスケーキです。
d0111216_20381630.jpg













かんたんに作ったケーキでしたが、味はよかったです。
なにしろ、このいちごは朝摘みなのです。いちごのハウスを手伝っている友人Sさんからのプレゼント。甘くて、みずみずしいので、ケーキをいちだんとおいしくしてくれました。

d0111216_2048399.jpg残ったいちごで作ってみました。

いちごのサンタさん」です。
ホイップクリームで顔と服のボタンを。
目にはなんと黒ゴマです。

初めて作ってみましたけど、かわいいでしょ!!
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-24 21:25 | 家族の記念日・季節の行事 | Comments(4)

クリスマス会

d0111216_19221734.jpg今日、6名でクリスマス会をしました。
場所は、cafe la famille
「田園に佇むカフェ」という意味の店名の通り、フランスの田舎をイメージした造りです。しっくいの壁やアンティークのテーブル。
私がここに決めました。毎月1回フラワー教室で来たり、食事も何度かしていて、いいなと思っていたので。
食べて、飲んで、おしゃべりして、楽しい3時間でした。
夕方になると、イルミネーションが灯り、また違った雰囲気になりました。


d0111216_19362743.jpg














d0111216_1948051.jpgd0111216_19484074.jpgd0111216_19491215.jpg





その日のコース料理で、私が選んだのは、
オードブルは、サーモンとたっぷりの野菜、メインは柔らかいビーフ、デザートはブルーベリータルトなどでした。
とても、おいしかったです。皆、大満足だったようです。

d0111216_19514822.jpgこれは、私がお店に頼んで用意してもらった焼き菓子(フロランタンやガレット)です。
私が作ったミニリースを前日に持って行き、袋につけてもらいました。
帰りに手渡すと、びっくりして喜んでくれました。

私の小さなサプライズ計画、大成功でした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-22 22:26 | おでかけ | Comments(2)

クリスマスまで、あと1週間となりました。
わが家もやっとクリスマスの飾りつけが終わりました。

d0111216_2305793.jpgこのクリスマスツリーはもう15年もたったものです。
今年は、ライトだけを消費電力が少ないというブルーのLEDに変えました。
明るさもアップして、後ろのガラスブロックに映りきれいになりましたが、写真ではうまく写らなくて。
そのため、これは、ライトが少しだけ灯っている時に撮りました。

下の2つのリースは、フラワー教室で習ったものです。

左のは、アートフラワーリース
実際はもっと淡い上品なピンク色。これを見た友人のSさんから「新築祝いには、これを作って贈ってね」と言われたので、来年の2月までに作ることを約束しました。
右は、木の実のリース

乾燥オレンジ、クルミ、シナモン、八角、綿の実、松ぼっくりなどを、グルーガンでつけるのは、けっこう時間がかかりましたが、できあがってみると、存在感のあるリースになりました。
d0111216_2321894.jpgd0111216_2325579.jpg












今まで、自己流でリースを作っていた私なので、今回はとてもよい勉強になりました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-18 00:04 | 手作り | Comments(7)

 Kさんへのクリスマスカードから
d0111216_23434955.jpgKさん、その後いかがお過ごしでしょうか。早いもので、アイルランド旅行から1年半も経ってしまいました。
私は、今、IL DIVOのクリスマスCDを聴きながら、聖パトリック教会を思い出しています。ヨーロッパでのクリスマスはさぞかしステキなことでしょうね。・・・略・・・
このカードは、先日長女と歌舞伎を観に行った日、銀座鳩居堂でもとめたものです。ふたりとも、たまたまアイルランドで買った指輪(クラダリング)をしていて、「あの旅行はとっても楽しかった~」と思い出話をしましたよ。・・・略・・・
Kさんは、きっと今も日本からの旅行者を車に乗せて、アイルランド中を走り回っていらっしゃるのでしょうね。
では、すてきなクリスマスと、よいお年をお迎え下さい。
                          のんこ より 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 <聖パトリック大聖堂> 
d0111216_0243777.jpgここは、1週間の旅行の最後の見学場所でした。閉館時刻の迫った夕方に行ったので、見学者は少なく、静かで厳かな雰囲気でした。

首都ダブリンにあり、アイルランドで最も大きな教会です。「ガリバー旅行記」を書いた作家ジョナサン・スウィフトが司祭長を務めたこともあるそうです。


d0111216_0185046.jpgこの教会は、ヘンデルのオペラ「メサイア」が初演されるなど、音楽堂的な役割も担っていたそうです。
ここで、賛美歌を聞くことができたら、どんなにすばらしかったことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして今、大好きなIL DIVOのクリスマスソングを聴いていると、この教会の中に立っているような気がします。(右のライフログにCDの紹介をしました)

ウルスの澄んだ声で始まる「O HOLY NIGHT」や、「THE LORD'S PRAYER」の迫力ある歌声と鐘の音がとてもいいと思います。                                    
                    
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-15 00:07 | 旅の思い出 | Comments(4)

シャガールは、私の大好きな画家です。大学生の時に「シャガール展」を見てからです。
今回、上野の森美術館でシャガール展があるというので、ぜひ行きたいと思っていました。
しかし、何度か上京していたのに、なかなか行けませんでした。

とうとう、残すところ数日となってしまったその日、午後から出かけました。
d0111216_22162345.jpg美術館に着いたのは、午後3時。平日なので、並ぶことなく入れ、ゆっくりと見ることができました。
会場には、油絵と、版画がたくさんありました。
見ていると、夢の中のふわふわとしたような心地になります。
「そうそう、この色使い!これがいいのよねー」とひとり言を言っている自分に気づき、思わず苦笑。

写真家イジスが撮影したシャガールの制作風景の写真も公開されていて、人間シャガールを知ることができました。特に、パリのオペラ座の天井画の制作をするシャガールの姿(なんと77歳)には、絵に対する強い意気込みが感じられます。

いつかパリのオペラ座で、シャガールの描いた本物の天井画を見てみたいと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上野公園内を散策してみました。
d0111216_23155687.jpg
上野に着いてすぐ、西洋美術館の前を通りました。ちょうどムンク展をやっています。
興味はありますが、こちらはがまんして、クリスマスツリーをデジカメに写すだけにしました。
ちょうど、木の葉も黄色く色づききれいでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_23175161.jpg
シャガール展を見終わって外に出ると、すっかり日が暮れていました。
遠回りして駅に向かいました。
また、西洋美術館前を通ってみると、イルミネーションがすばらしくて、びっくり。
さきほど見た同じものとは思えない幻想的な風景でした。
ツリーの左にライトアップされているのは、ロダン作の「地獄の門」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_23425940.jpg
こちらは、「カレーの市民」とイルミネーションです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、思い立ってひとりで来ましたが、シャガールの絵だけでなく、ロダンの彫刻と光のコラボを思いがけず見ることができて、ラッキーでした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-09 20:11 | 写真展・美術展 | Comments(8)

冬の夜の銀ブラ

先日の歌舞伎鑑賞の帰り道、銀座の街を歩いてみました。

「ミキモト」の前には、大きなクリスマスツリーが飾られていました。
イルミネーションがさまざまな色に変わります。
ツリーの前には、それをカメラやケータイに写そうという人たちでいっぱいでした。
群馬県嬬恋村から運ばれた高さ10メートルもあるモミの木だそうです。
華やかなツリーに、しばらくの間見とれてしまいました。
d0111216_22214795.jpg

d0111216_22285019.jpgこれは、松屋銀座
デパート全体を「ルイ・ビィトン」のマルチカラーのトランク(旅行カバン)に見立てているそうな。
白地にいろんな色のロゴが浮き上がって見え、とてもきれいでした。
こんな発想をする人がいて、それを期間限定でやってしまうのですから、びっくりですね。

さらに、ウィンドーのディスプレイも見ていて楽しかったです。
d0111216_2259349.jpgd0111216_22592844.jpg








銀座は、お店が閉まってしまった夜でも、美しくてすてきな街でした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-05 20:13 | おでかけ | Comments(4)

来年のカレンダーと手帳を買いました。

d0111216_21102429.jpg電話のそばに掛けるカレンダーは、昨年と同じシンプルなものにしました。
手帳は、今年はピンクです。先月機種変更したケータイの色に合わせて。
ちょっと派手?とも思いましたが、服やバックはいたってふつうの飽きのこないものにしているので、小物で変化をつけようと思ったのです。
新しい手帳を開くとすぐ使いたくなります。12月のページに今年の手帳から予定を書き写しました。けっこうスケジュールで埋まっていきます。

書いているうちに、だんだん心配になってきました。
今月中にやらなくてはいけないことがたくさんあるのに気づいたのです。のんびりとしている場合ではない。「どげんかせんといかん」のです。

まずは、今年中にやるべきことを書き出してみました。
ざっと12項目ありました。考えればもっと出てくるにちがいありません。
だんだん焦ってきました。
とりあえず、優先順位をつけました。

さあ、明日から一つ一つがんばらなくては!!
[PR]
by naninunenonko0905 | 2007-12-03 21:53 | つぶやき | Comments(6)