<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

洗面ボウルと水栓

「玄関カフェ」は、小さな空間に窓が4つとお茶を淹れるためのカウンターがあります。
そのカウンターには、洗面ボウルと水栓金具を取り付けました。

d0111216_22355351.jpg洗面ボウルは笠間焼です。
所用で出かけた時によく立ち寄る笠間焼のお店には、洗面ボウルがたくさん置いてありました。
今回カウンターの奥行きに合わせて直径32cmのをお願いしておきました。
2ヶ月後用意してくれたいくつかの中から選びました。
本当は、すっきりとした淡い色のものにしようと思っていたのですが、なぜか黒っぽいこれに惹かれてしまいました。
店主の弟さんが焼いたそうです。炭化焼き絞めという方法、まわりに炭をしきつめて焼くそうで釉薬は使わないそうです。微妙な色は、焼く時に自然にできたものだそうです。
気に入った洗面ボウル、カウンターの上に置いてあるかに見えるように、埋め込まないことにしました。


d0111216_22573043.jpg

d0111216_2343823.jpgこの洗面ボウルに合う水栓金具がなかなかありませんでしたが、インターネットでさがして輸入物を見つけました。
注文したら数日で届いたのにはびっくりしました。
実物は、高さもあって、形もいいなと思いました。
特に、陶器のついた(COLDの所)クラシックなハンドル部分がとても気に入りました。


笠間焼の洗面ボウルと、遠い国の水栓金具。
はたして合うのか心配しましたが、けっこう相性がよさそうです。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-27 00:30 | 玄関カフェ | Comments(8)

ジュディ・オングの木版画展を見てきました。
d0111216_20223360.jpg
ジュディ・オングが版画家でもあるのを、私は数年前に知りました。
でも、ジュディ・オングはまず歌手であり女優であって、木版画は趣味なのだろうと思っていました。
ところが、見てびっくり。すばらしい版画の作品の数々でした。

上のポスター(『銀閣瑞雪』)は、銀閣寺の雪景色。
しんしんと天から降る雪、雪にけぶる背景。
これが、版画で表現できるとは驚きでした。

初期の作品(25歳から始めたそう)から最新作まで65点、とても見ごたえある版画展でした。
彼女の作品には、「日本家屋」が多かったです。
日展特選を受賞した『紅楼依緑』は、庭園を通り建物の中へ、さらに先へと誘われるような奥行き感がありましたし、建物の壁の朱色や松の緑など多色刷りとはいえ、水彩画かと思うようなものでした。
大きな作品が多く、構図は大胆で、表現は繊細でした。
御簾のむこうに見える庭の苔、ガラスに映る木々、川の流れ、光と影・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_21202287.jpg
家に帰ってから、買ってきたクリアファイル『祇園白川』を額に入れてみました。
壁にかけたのを見ながら、京都のしだれ桜を想像し、春がやってくるのを待ち遠しく思いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-24 22:11 | 写真展・美術展 | Comments(10)

2008年5月19日のブログに書いたステンドグラス
玄関カフェを作るにあたって窓にはめ込もうと思っていましたが、防犯上よくないとの助言もあってあきらめました。
でも、ステンドグラスは光を通してこそ美しく、ただ部屋の中に飾っても・・でした。

大工さんに相談したところ、2重サッシの窓枠のところに金物を取り付けてくれました。(窓枠のねじ部分を使ったので、穴を開けずに)
ここにステンドグラスを入れれば窓に固定されますし、簡単にはずすこともできます。
d0111216_21501099.jpg
カーテンもたっぷりした雰囲気に作りました。
カーテンを束ねるタッセルは、同じカーテン地で作ろうと思っていました。
ところが、たまたま行った100円ショップで、ピンクのタッセルを見つけたので2つ買ってきました。
d0111216_21593734.jpg
窓の両脇に付けてみると、ピンクのガラスとタッセルは色が似ていてうれしくなりました。

やはり、ステンドグラスは外の光を受けると美しいです。
特に、朝の光の入る2時間がきれいです。

そして、夜。
外の玄関ポーチから見ると、部屋の灯りを受けてこれもまたきれいです。
d0111216_22215599.jpg

[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-21 00:31 | 玄関カフェ | Comments(10)

お雛さま、飾りました

今日2月18日は、「雨水(うすい)の日」でした。
この日にお雛さまを飾るのがよいといわれているので、わが家でも飾りました。
d0111216_21325525.jpg
木目込みの親王飾りは床の間に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_21343555.jpg
ミニ雛は、玄関の靴箱の上に。
今までは、居間の飾りだなの上に飾っていましたが、今回からは少し広くなった玄関に置いてみました。
見やすいように毛氈の下は段にしました。(実は中はティッシュボックスです)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0111216_22224288.jpg
のんこコレクションより
張り子のお雛さま(その5,その6)
今から19年も前、親戚4家族15名で磐梯熱海を旅行しました。
その帰り、三春の「デコ屋敷」で人形作りを見学しました。
そして選んで買ったのがこれ。右のは、起き上がりこぼしです。
(のんこコレクションは、「タグ」の中の「思い出の品」に収められています)
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-18 22:45 | 家族の記念日・季節の行事 | Comments(4)

ハートづくし

今日は、バレンタインデー

バレンタインチョコを作ろうかと思いましたが、このところチョコをいただくことが重なり、今も2種類残っています。
そこで、そのチョコと冷凍庫にあるパイシートを使って、ハート型「チョコ入りパイ」を作りました。
d0111216_22542121.jpg
そして、夕食は、
d0111216_234322.jpg
d0111216_235025.jpgオムライス」にして、ケチャップで大きなハートを描きました。

そう言えば、子どもが小さい頃、オムライスやオムレツの時には、卵の上に名前や絵をケチャップで描いたものでした。
昔を思い出しながら、久しぶりに私のオムライスには顔を描いてみました。

さらに、「ロールキャベツ」にはハート型人参を、「ポテトサラダ」もハート型にしました。
d0111216_2315119.jpgd0111216_23152479.jpg








d0111216_23192029.jpgデザートの「イチゴ」もハート型にしました。

こんなふうに、しつこいくらいに、ハートづくしのバレンタインデーの夕食となりました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-14 23:46 | 家族の記念日・季節の行事 | Comments(8)

d0111216_169957.jpg

これは、「玄関カフェ」に置いてあるテーブルとイスの脚です。
昨年5月アンティークショップに行った時、イギリス製のこの家具を見て、つい「おいしそう!」と思ったのでした。
それもそのはず、「バリーシュガーツイスト脚」という名で、パン屋さんで売っている砂糖に包まれたねじれパンをデザインしたものだそうです。

d0111216_16182497.jpgd0111216_16184585.jpgd0111216_16185819.jpg





すっかり気に入って買うことにしましたが、天板が伸張式でした。
部屋が小さいのであまり大きくすることはないですが、75cm角のテーブルが最長125cmまでになるのは便利だと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オーク材の天板はそのままでいい色なのですが、時にはテーブルクロスをかけます。
d0111216_1625686.jpgd0111216_16252767.jpg

















d0111216_16285221.jpgd0111216_16291814.jpgカーテン地で作ったテーブルクロスやティッシュボックスケースに合わせて、残り布でカーテンを上げる小物も作ってみました。

狭い部屋ですが、こうして時々小物を変えてみると違った雰囲気になって楽しいものです。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-11 17:21 | 玄関カフェ | Comments(8)

d0111216_22525612.jpg
さきほどプールから帰ってきました。
いつもならスポーツした後の爽快な気分なのですが、今日はちょっとがっかりしています。

クロールができません。
今日は、「初心者クロール」の9回のコースの5回目でした。
初心者コースのはずなのですが、始まってみたら5~6年通っている人がほとんどで、泳げないのは私だけでした。

コーチは教え方がうまいと言われている先生で、いろいろ工夫して教えてくれます。

息継ぎの練習のために、水の中でうつぶせの状態から「鯵のひらき」のように仰向けになり、息を吸ってから、体を回転させてうつぶせに・・・。これをくりかえせばいいのです。
頭ではわかるのですが、からだが言うことを聞いてくれません。
他の日に練習しながら、近くにいたコーチにコツを聞いたら、体を回転させる時は頭から足に軸があるように「串に刺さった焼鳥」がくるりと回るように・・・。なるほど!頭ではわかるのですが・・・。
手のかき方の練習では、「犬かき」をしましたがこれもむずかしい。

イルカのように泳ぐためには、その前に「鯵」や「焼鳥」、「犬」にもならなくてはなりません。

以前の背泳ぎのようにはすんなりいかないような気がして、週3回くらい行って自分なりにやってはいますが・・。

5回目の今日は、最後に「ターン」の練習までしました。
やはり、いっしょにやっているメンバーがうますぎます。
みんないつもいっしょになるので知り合いですし、励ましてくれます。でも・・・。
習えば習うほど、できないことが多くなってしまいます。
私と同じ程度の人がいると、もう少し気が楽なのですけど・・。

クロールの練習が終わってから、浅いバーデプールにひとり仰向けに「ラッコ」のように浮きながら考えました。

「背泳ぎの時も、初め浮くことができなかったのに、いつのまにかできるようになって、今では25mは泳げるようになったではないか。
クロールは息継ぎもあるから、もっと時間がかかるのは当然。
でも、長く続けるなら楽しくなくては・・。ついていけないなら無理せず、次から休んでしまえばいい。自分なりに今まで習ったのを練習して、次回4月からの『初心者クロール』にまた入ればいい。」などと。

今まで楽しく通っていたプールですが、初めて味わったゆううつな気分です。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-07 00:23 | つぶやき | Comments(12)

d0111216_2041311.jpg上野の帰り、2時間ほど時間があったので、かっぱ橋道具街に足をのばしてみました。

上野から東京メトロ銀座線に乗り2つ目の「田原町」で下車して、少し歩きます。
以前来た時は日曜日で開いているお店が少なかったので、今回はわくわくしました。

菊屋橋交差点から見た「ニイミ」の屋上のコックさんは、なんとも巨大でびっくりしました。
まっ白い食器だけを扱う店。
大きな寸胴鍋に大きな泡たて器のある店。
ユニフォームの店では、コックさんの服のおしゃれなこと。

料理に関するあらゆる道具があって、つい欲しいなと思うこともしばしば。
でも荷物になるので「今日はがまん」と自分に言い聞かせながら見ました。


サンプルのお店では、
d0111216_20324871.jpg
d0111216_20331461.jpg
本物よりも、さらに本物っぽいのですが、値段は本物の10倍くらいでした。

1時間ほど歩くと足も疲れてきたので、「合羽橋珈琲」というカフェに入ってみました。
d0111216_20481495.jpgマスターがていねいに淹れてくれたカフェオレと「柚子のレアチーズケーキ」
ゆっくり味わっているうちに、疲れもとれました。
d0111216_2049389.jpg








これで帰るつもりでしたが、カフェですすめられて行った「soi」という店
すっかり気に入ってしまいました。
d0111216_210219.jpg
d0111216_2121770.jpgd0111216_2124193.jpg



















すてきな器のほかに、そろばんや糸巻きを使った照明もありました。

「soi」では、「今日は買わない」の決意もどこかへ行ってしまい,ガラスでできたドリッパーを買ってしまいました。
「玄関カフェ」で使おうと思います。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-02-03 21:27 | おでかけ | Comments(10)