<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

私の庭づくり

私は、今、「ガーデニングモード」に入っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わが家の庭の半分が区画整理のため、道路になってしまいました。
そのため、先日からフェンス工事が始まりました。

庭が狭くなるとわかった時はがっかりしたのですが、今まで草取りにかなりの時間を割いていたこと、年々体力が落ちてきたことを考えると、今の庭がちょうどいい広さだと思うようになりました。

狭くなったらなったで、植える花も厳選しなくてはなりません。
また、これを機会に、あこがれていたアーチを設置して工夫した庭作りをしたいと思いました。

d0111216_21165859.jpg
この本は、「わたしのバラ庭づくり」(後藤みどり著 農文協)です。
裏表紙の白バラのアーチが、私のイメージとぴったりです。
先日、バラ作りに凝っているYさんの庭を見せてもらいました。
まだバラはつぼみでしたが、写真を見ながらいろいろ教えてもらいました。
私は、「つるサマースノー」(白バラ)のアーチにしたいと思いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0111216_21343989.jpgこれは、門扉につける表札を作るための材料です。
まず、なにぬね家のローマ字のタイルを見つけました。
次に、笠間のアンティーク店「little cu.」で、インドネシアの100年も前の民家の屋根材だという板とS字フックを見つけ、穴をあけてもらいました。
これらを使って、先ほど、作ってみました。

d0111216_2235577.jpg
1ヶ月後に門扉(北側から入る人がほとんどなので、ここを利用するのは近所の人だけ)ができたら、取り付けようと思います。

明日もお天気がよければ、庭仕事に精を出すことになりそうです。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-29 22:40 | ガーデニング | Comments(8)

月に一度の・・・。

月に一度、フラワーアレンジメントのレッスンがあります。

今月は、「テーブルリース」でした。
d0111216_2264463.jpg
花材(SPバラ、カーネーション、ラクスパー、アジサイ、リキュウソウ、デンファレ)
d0111216_22142056.jpgd0111216_2225222.jpg









この日「テーブルリース」を申し込んでいたのは私だけで、早くできあがってしまいました。
そこで、他の5人の「初夏のアレンジ」を見せてもらいました。
その後、いつものようにお茶タイム。
ホワイトチョコラテ」をおいしく飲みました。

月に一度のレッスンは、私の息抜きの時間です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、こちらは3月のレッスン「petit bag」です。
d0111216_22485292.jpgd0111216_22492074.jpg







ガーベラ6種とグラジオラス、ゲイラックスを使いました。
持ち手付きのバスケットを、紫の布やリボン3種を使って花器に作り直したのは初めての経験でした。
同じ花材をつかっても、参加した5人それぞれちがった作品になります。
皆でワイワイガヤガヤ。

月に1度のレッスンは、私の楽しいひとときでもあります。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-25 23:18 | 手作り | Comments(10)

たけのこご飯

d0111216_2043648.jpg
昨日、堀りたてのたけのこをいただいたので、圧力鍋でゆでてアク抜きしておきました。

「今日は、たけのこご飯を作ろう」と思っていたところ、いいタイミングでNHKの「きょうの料理プラス」で「たけのこご飯の作り方」をやっていました。
講師は野崎洋光さん。
野崎さんの「ダシのいらないとん汁」は、素材の味を生かしていておいしくてわが家の定番。

この「たけのこご飯」もおいしいにちがいないと、さっそく夕食に作りました。
d0111216_20541338.jpg
こちらもダシいらずでした。
入っているのは、「アクを抜いたたけのこ」と「フードプロセッサーで細かくした油あげ」、調味料は、「薄口しょうゆと酒」、これに米と水。
炊飯器でおいしくできあがりました。

ダシが入っていないのに、いえ、入っていないからか、たけのこ本来の味が生かされているような気がしました。
フードプロセッサーで細かくした油あげは、ごはんになじみやすくてこくも出るようです。

いつもは、おかわりをしないことにしている夫も、この「たけのこご飯」はおかわりしていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野崎さんの「たけのこのアクの抜き方」はユニーク。
なんと大根おろしの汁に浸すだけです。
余分なえぐみを除きつつ、たけのこ本来の味を生かすのだそうです。

今回はアク抜きしてしまった後なので、試せませんでしたが、次回はやってみようと思いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-21 21:55 | 手作り | Comments(10)

記念切手

今日、ゆうパックを送るために郵便局に行きました。
天皇皇后両陛下御結婚満五十年記念切手」があったので1シート買いました。
(檜扇とボンボニエールの2種)
d0111216_23334435.jpg
近頃は、記念切手は使うために買うことが多いのですが、今回は記念にとっておこうと思いました。

私には大切にしている「切手シートブック」があります。
初めのページには、「東京オリンピック(1964年)」の切手[10円×20枚]。
当時10才だった私は、大切なおこづかいで買ったのでしょう。
今日買った切手シートもここにいっしょに収めました。

久しぶりに、今までに集めた切手を見てみると、皇室関係の切手が5枚ありました。

※天皇陛下御在位十年記念(1999年)
d0111216_23512156.jpg
鳳凰のつがいでしょうか。菱形の形の切手はめずらしいので気に入っています。

※皇太子殿下御成婚記念(1993年)
d0111216_23595339.jpgd0111216_002188.jpg








※天皇陛下御即位記念(1990年)
d0111216_021546.jpg




(萬歳楽の装束の文様)






※大婚50年記念(1974年)・・・昭和天皇御結婚五十年
d0111216_082585.jpg




(皇居宮殿)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の子どもの頃には切手ブームがあったので、私も集め始めたのでしょう。
きっと大人になる頃には、価値が上がって高く売れるのではとも思ったのです。

残念ながら、今はそれほど高くなっていないようです。

でも、これらの切手は私にとっては大切な宝物。
孫子の代まで取っておけば、いつかホントのお宝になるかもしれません。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-18 23:57 | つぶやき | Comments(6)

「玄関カフェ」のカウンターや飾り棚は、キハダという材木で作られています。
d0111216_2212612.jpg

d0111216_22124387.jpg


d0111216_22134772.jpg左は、笠間の木工家具屋さんの材木置き場で、11月、カウンターの材料をさがしに友人とふたりで行きました。
たくさんある中から、あらかじめ5枚選んでおいてくれました。
それを、少しずつかんなで削ってくれました。
このきはだは、黄肌とも書くように削ると黄色い木肌が現われました。
それを見て、私も友人もすっかり気に入ってしまい、南会津産だというこれに決めました。

それから半月後にできあがり、玄関カフェに取り付ける時のこと。
大工さんが寸法に合わせて電動のこぎりで切っていると、その強い香りが階段を登って2階にいる私の所まであがってきました。
そういえば、木工家具屋さんが「この木の樹皮は漢方の健胃薬になる」と言っていました。

あの時言われた通り、時々えごま油を布につけてカウンターを磨いていますが、だんだんいい色になってきたような気がします。
使えば使うほど古くなればなるほど、味わいが増してくるというのは楽しみなことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
訪問してくださった皆さまにお茶を・・・。
d0111216_23205827.jpg

今回は、「まこさん」のリクエストにお答えして「ラベンダーホワイトティ」にしました。
お菓子は、「東京ばな奈」です。

では、どうぞごゆっくり。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-15 00:11 | 玄関カフェ | Comments(4)

桜、さくら、今咲き誇る

ここ関東地方でも桜が満開になりました。
今度の週末まで待てないと、お花見に行ってきました。

南へ車で40分ほど、つくばみらい市の「福岡堰」という桜の名所です。
d0111216_14535697.jpg
江戸時代、農地用の水源として小貝川をせき止めてできた堰(せき)。
静かに水をたたえた水面に桜並木が映って、すばらしい景色でした。

d0111216_1511872.jpgd0111216_1514845.jpg








真っ青な空に向かって咲く桜、水面に触れんばかりに枝を伸ばす桜。
いろんな表情の桜が見られました。

d0111216_1561457.jpg
両側に桜並木。まさに桜のトンネルです。

d0111216_15111162.jpg
どこまでも続く桜の道をゆっくりゆっくり歩きました。

ふと、芭蕉の句「さまざまのこと 思い出す 桜かな」が頭に浮かびました。
ありふれたことばを使っているけれど、しみじみとしたよい句ですね。

私も、桜を眺めていると桜の季節のいろんな思い出が浮かんできました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-09 18:53 | おでかけ | Comments(10)

3月11日のブログで生キャラメル作りのことを書きましたが、そのあとさらに2回作ってみました。
初めて作った時にうまくいきましたが、2回目はやわらかすぎて包丁で切るのが大変でした。
でもおいしさは変わらないので、冷凍庫で固めて食べました。

そして、3回目。
かなり気をつけたつもりでしたが、火を止めるタイミングの遅れか、堅くなってしまいました。
今度は、力を入れて包丁で切りました。
d0111216_20245038.jpg
そして、今回は1つ1つをセロファンで包んでみました。
d0111216_20314345.jpg
次の日、ボランティア仲間の集まりに持って行って食べてもらいました。
よいできではないので心配しましたが、とても好評でした。
堅すぎではと思いましたが、「これよりもやわらかいとセロファンにくっついて食べにくいでしょうね」と言われました。
堅くても口に入れればやはりとろっと溶けました。
「10月のバザーの喫茶コーナーでコーヒーを注文した人に1個ずつ付ければ、売り上げがアップするかも」と言う人もいました。

私のブログを見て、生キャラメルを作ってみた「今日の空模様」さんは、生キャラメル作りの楽しさにハマってしまったそうです。

生キャラメル作りはなかなか手ごわいです。
でもそのおいしさから、また作りたくなってしまいます。
近頃、わが家の冷蔵庫には生クリームが常備されるようになりました。
「さあ、作ろう!」とテンションが上がったら、いつでもすぐに作れるようになっています。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-06 21:47 | 手作り | Comments(6)

ガーデニング解禁

花粉症で家ごもりをしていた私ですが、4月になったので庭仕事を始めました。
2ヶ月も手入れしなかった庭なのに、春の花たちが元気に咲いています。

このチューリップの名前は「トワイライト」。
同じ種類を2色植えたのに、半分はまだつぼみ。
早く花が全部そろって濃淡いっしょの「トワイライトチューリップ」が見たいものです。
d0111216_22262416.jpg
ブルーのムスカリ白いスノーフレークは植えっぱなしで何の世話もしないのに、毎年この時期には必ず咲いてくれます。
d0111216_2227958.jpg

今日は風もなく暖かだったので、午前午後合わせて5時間も庭仕事してしまいました。
草取りをしていると、前の道を春休みの子どもたちが走って行ったり、通りかかった近所の人とおしゃべりしたり・・。
疲れたらベンチに腰掛けてお茶を飲んだり、カメラで花をパチリしたり。

mixi仲間のメロンさんから教えてもらった方法で、接写もしてみました。
d0111216_2226543.jpgd0111216_22275191.jpg










できた写真を見てみると、その細かなところもかわいいこと。
「自然は、花の細部まで手抜きしていない」と感心してしまいました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-04-03 23:28 | ガーデニング | Comments(8)