<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

宇都宮餃子

d0111216_20163096.jpg先日、餃子を食べに宇都宮に行ってきました。
私たちが行ったのは、長崎屋地下にあり、宇都宮餃子会が開いている「来(き)らっせ」というお店
ここでは、複数店のぎょうざを1ヵ所で食べることができます。

休日だったこともあり、午前11時半に着いて階段を降りたらもう長い行列ができていました。
待つこと30分。
「おふたりの方いらっしゃいますか?カウンター席空いてます」という声がかかり、夫と私は運よく早めに入れました。
ほとんどの人が若者で、グループで来ていたのでした。


食べたのは、「めんめん」の羽根付き餃子。パリパリジューシーでした。
いっしょについてきたごはんは、ごはんの上にマヨネーズと半熟卵がのったもの。
(ダイエット中なので、白いごはんでよかったのに(-_-;)・・)
d0111216_20242165.jpg

もう一つは、「さつき」の三味餃子。こちらは、皮がもちもちで、具はあっさりしてました。
d0111216_2040994.jpg


宇都宮餃子、初体験でした。
今度は、もらってきた「宇都宮餃子の店マップ」をもとに、本店めぐりをしたいものです。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-30 21:01 | おでかけ | Comments(2)

d0111216_20463662.jpg
アイルランドのパブ「hole in the Wall」、いわゆるアイリッシュパブです。
ダブリン市街地、フェニックス公園(712ヘクタールの面積、ヨーロッパ最大級の公園)のそばにありました。

d0111216_2127350.jpg
1651年創業というこのパブは、煉瓦造りの内装や、飾られている物がその歴史を物語っていました。
d0111216_21284744.jpg
薄型テレビだけが、現代でした。

北海道とほぼ同じ面積のアイルランド国内には、1万軒ものパブがあるそうです。
人口は約350万人なので、350人に1軒の割合でパブが存在していることになります。

このパブに行ったのは、アイルランド旅行最後の日。
昼食を食べましたが、、ここでもやはりギネスビールで「スロンチャ!」(ゲール語で「乾杯」の意味)したのでした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-27 22:04 | 旅の思い出 | Comments(4)

駅前アイルランド

下の写真は、アイルランドのパブです。

ではなくて・・・。
JR上野駅入谷改札口から歩いて10歩の、アイリッシュパブ「スタシェ-ン上野店」です。
「スタシェーン」は、ゲール語で「駅」という意味だそうです。

d0111216_19481666.jpg先日行ったIL DIVOのコンサート前に、ここで軽い食事をしました。

そもそも、私と娘がIL DIVOの音楽に出会ったのが3年前のアイルランド旅行中でした。そのため、私たちにとってIL DIVOというとアイルランドを連想してしまうくらい、切っても切れないつながりがあるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お店に入り、まず注文したのは「ギネスビール」
生クリームのようにきめ細かいクリーミーな泡。これこれ、本場の味でした。

ビールの脇にあるのは、おもちゃ「トコトコショーン」です。
15時に駅の改札口で娘と待ち合わせでしたが、私はコンサートが楽しみで1時間半も前に着いていたのです。
時間つぶしに、駅ビルのお店を回って本やCDを見ていたら、この羊のおもちゃと目が合ってしまいました。
アイルランドでは、郊外に行くと人に会うより顔の黒い羊の数の方が多かったなと思い出しました。
このおもちゃ、お腹のところのぜんまいを巻くと、トコトコと早足で動くのですが、足のバタバタが笑えます。
気に入って買ったので、早速テーブルの上でお披露目しました。
d0111216_19493044.jpg

「フィッシュ&チップス」も、アイルランドでのなつかしい味です。
熱々のポテトと魚のフリッター、ギネスビールとの相性は抜群です。
d0111216_19495314.jpg

上野駅そばということで、お客さんはひっきりなし。
ティータイムなのに、ほとんどの人がビールを飲んでました。
お客さんがちょっと少なくなった時に写真を撮りましたが、この雰囲気はアイルランドのパブのようです。
d0111216_19502086.jpg

ここで、ビールを飲みながら早い夕食を食べ、コンディションを最高の状態にして、IL DIVOのコンサートへと向かったのでした。

p.s.
ブログ「エール備忘録ーIrelandかわら版ー」にさきほど訪問しましたら、ギネスビールのことがありました。
なんと、今日がギネスビールの誕生日だそうです。
それも、250回目だというからびっくりです。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-24 00:11 | おでかけ | Comments(6)

第1回いとこ会(仮称)

d0111216_18361539.jpg
ここ数年叔母や母のお葬式が続き、いとこたちとも会うことが多くなりました。
今回は、母の三回忌。
メロンさんがYさんの家に泊まるというので、三回忌の翌日、わが家で3人の「いとこ会(仮称)」を開くことになりました。

昼食のメニューは、三回忌の食事がフレンチだったので、和食にすることにしました。
今までに何度も作ったものばかりにしたので、すんなりいくはずでしたが・・。
考えてみたら、掃除に必要な時間を計算に入れていなかったのでした。

11時過ぎに居間に集まった時には、お赤飯がまだでお米がといであっただけ。
お茶を出しおしゃべりの間に、圧力鍋を使って実演しながら作りました。

<この日のメニュー>下線が引いてあるのは、以前ブログに登場したものです
梅はちみつのソーダ割り(かんぱーい!!)
豚の角煮  お煮しめ  ピクルス  ゴーヤのつくだ煮  黒豆  赤飯  お吸い物
青梅の甘露煮&かりかり梅

でも、何よりのごちそうは、おしゃべりです。
11人いる(私たち兄弟も含む)母方のいとこの中で、私たちは年も近く、小学生の頃は夏休みをそれぞれの家に泊まりながら遊んだのでした。
結婚し家庭を持ってからは、年賀状のやりとり程度のお付き合いでした。
そして、数年前から再び会うようになったのです。
久しぶりに会って話してみれば、それぞれが人生の荒波に翻弄された時期があり、今やっとほっとし落ち着いたところでした。
また、遺伝子の影響か、3人ともガーデニング好きでした。
もう、おしゃべりは止まりません。

3時からは、玄関カフェに移動しました。

<この日のデザート>
豆腐ケーキ  コーヒー  ハイビスカスティー

その日は、偶然Yさんのお誕生日なので、皆でお祝いしました。

4時、日も少し傾き涼しくなったので、南庭に出ました。
記念撮影をした後は、花摘み。
今さかんに咲いているドライフラワー用の花を切り取り、持ち帰って使ってもらうことにしました。

2人が帰り、6時間にわたる宴は終わりました。

私はテーブルの食器を洗い、たくさんあるのでまずはテーブルの上に置いてみました。
それらを片付けながら、皆で「これからも時々会おう」「温泉にも行こう」と話し合ったのを思い出しました。

これで、将来訪れるであろう老後が楽しく送れそうな気がします。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-21 23:26 | つぶやき | Comments(4)

19日(土)、母の三回忌が円通寺にて行われました。

その日は、太平洋を通過中の台風の影響を心配していましたが、暑いくらいの上天気となりました。
ただお墓参りに行く時だけは、持って行った日傘がいらないほど、日差しが弱まりました。
2年前のお葬式の時も、残暑厳しい天気が続いていたのにその日だけ涼しくなって、喪服の帯を締める私たちはとても助かったのでした。
お天気ひとつにも、生前皆に気遣って世話をしていた母を思い出してしまうのでした。

法要の後、「ALWAYSカマヤ」で食事会が開かれました。
d0111216_1543453.jpg
映画「ALWAYS三丁目の夕日」の中で、茶川竜之介がプレゼントを買いに行った宝飾店のシーンに、この店の外観が使われたそうです。
元々は、足利銀行、その後は栃木市教育委員会の庁舎として使われ、この店ができたのは、1年前だそうです。
店内の銀行の時のカウンターは、そのまま奥の調理場のカウンターとして使われています。
中2階への階段の手すりや回る天上扇にも、レトロな雰囲気が感じられました。

お食事は、こんなふうでした。
          前菜                        温かい前菜
d0111216_1662225.jpgd0111216_1665962.jpg








          魚料理                       肉料理
d0111216_1694211.jpgd0111216_16101189.jpg








       デザート盛り合わせ
d0111216_16133972.jpgこれらの料理の中で特においしかったのは、温かい前菜の「うなぎのミルフィーユ ラタトゥーユ添え」。店名のカマヤは、栃木のうなぎの老舗「釜や」本店から。得意のうなぎをバルサミコソースで上手に仕上げてありました。
もうひとつは、「とちぎ和牛のブルゴーニュ風ビーフシチュー」。お肉は、箸で切れるやわらかさでした。

その他、カリフラワーのポタージュ、野菜サラダ、米粉のパン、コーヒー。
これらを貸切の店内で、親戚の人たちと楽しくおしゃべりしながら、ゆっくりおいしく食べました。
傍らの「母の遺影」も、和やかな雰囲気の中でうれしそうにほほえんでいました。

食事会が終わり駐車場にいると、夫と私の所に店長が駆け寄ってきました。
知り合いのSさんの息子さんでした。
わが家の近くのイタリアンの店にいたのに、実力を買われて他に移ったことは聞いていました。
でも、まさか他の店というのが20kmも離れたここだったとは、びっくりしました。
ちょうど、この日テレビ番組「アド街ック天国」が栃木市を取り上げ、この店も出るというのを教えてもらい帰ってきました。

夜、テレビを見ました。
その中で、この店も紹介されていました。
うれしいような、ちょっと残念なような・・。
せっかくよい店を見つけたのに、テレビに出て有名になると、なかなか入れなくなってしまうことがあります。
少し間を空けて、また行ってみたいと思ったのでした。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-19 23:22 | 家族の記念日・季節の行事 | Comments(4)

IL DIVOコンサート

昨夜、待ちに待ったIL DIVOのコンサートに武道館まで行ってきました。

d0111216_2355227.jpg2年半前の東京フォーラムでのコンサートが最高だと思いましたが、今回はさらにとってもすばらしいと思いました。
あれから丸一日たったというのに、頭の中にまだあの歌声が響いています。
なんだか「イルディー病」にかかってしまったようです。

d0111216_237297.jpg舞台装置や演出はシンプルながらとてもセンスがよく、彼らの魅力が十分こちらに伝わりました。
途中3回着替えてくれました。
アルマーニのスーツ(黒とグレー)やカジュアルな着こなしも、最後は黒のタキシード姿まで。
びしっと決まっていました。

歌も「somewhere」で始まり、2曲のアンコールまで。1曲1曲、全身で真摯に歌い上げてくれました。
ですから、私たち観客の、1曲終わるごとに武道館が揺れるほどの歓声と拍手が続いたのでした。

今回も進行役はディビットでしたが、日本語の上達ぶりにはびっくりしました。
「5年前IL DIVOが結成された時、2年くらいでだれにも振り向かれず終わってしまうかもしれないと不安でした。今、こうしてまた東京に来られるのは、僕たちの歌を愛してくれる皆さまのおかげです。ありがとうございます。」と流暢に話してくれました。
いえいえ、お礼を言いたいのはこちらです。
この3年の間には私にはいろいろなことがあり、特に母の死は辛いことでした。
実家まで車で40分。何度も往復する中で4人の歌声にどんなに力づけられたことでしょう。

アンコール時は、赤のペンライトがたくさん灯ってきれいでした。私ももちろん用意していきました。

今回会場で買ったものは、パンフレット。前回と違って、日本語訳つき。写真もたっぷりでした。
d0111216_2358016.jpg
右から 
ウルス・ブーラー:スイス出身(テノール)
セバスチャン・イザンバール:フランス出身(テノール)
カルロス・マリン:スペイン出身(バリトン)
デイヴィッド・ミラー:アメリカ出身(テノール)

もうひとつは、キーチェーンです。開くと写真が入るようになっているので、私は手持ちの「ウルス」と「セバスチャン」の小さな写真を入れました。
d0111216_043838.jpgd0111216_051191.jpg







それにしても、すばらしい極上の2時間半でした。

帰り道、地下鉄の駅までは人の波、予報では雨が降るとのことでしたが、傘を使うことなくラッキーでした。

田安門あたりで、後ろからこんな会話が聞こえてきました。
「明日から、またときめきのない生活が続くのよねー。」
それに対して「でもね。もしも、カルロスが耳元で愛をささやいてくれる毎日だったら、正常ではいられないわよ。」ですって。私も同感です。

今回のコンサートで、4人の美しい表情をしっかりと記憶してきました。
CDをまた聴くたびにあの感動がよみがえることでしょう。

IL DIVOに出会えてよかった。夢中になれるものがあってよかったと思いながら、帰途に着いたのでした。

IL DIVO : The Adagio

An Evening With IL DIVO setlist

Overture (The Power of Love, Caruso, Heroe)
Somewhere (SIEMPRE)
Regresa a Mi(unbreak my heart)(IL DIVO)
La Promessa (THE PROMISE)
Angelina (THE PROMISE)
Isabel (ANCORA)
Bridge Over Troubled Water(LIVE only)

(costume change)

She (THE PROMISE)
Passera (IL DIVO)
Senza Catene(unchained melody) (ANCORA)
Mama (IL DIVO)
Notte di Luce(nights in white satin)(SIEMPRE)

INTERMISSION/COSTUME CHANGE

Va Todo al Ganador(the winner takes it all) (THE PROMISE)
Without You (SIEMPRE)
Pourque Tu M'aimes Encore (ANCORE)
Every Time I Look at You (ILDIVO)
Hallelujah (THE PROMISE)
Adagio (THE PROMISE)
La Vida Sin Amor (SIEMPRE)
Caruso (SIEMPRE)
The Power of Love (THE PROMISE)
My Way (IL DIVO)

(costume change)

Amazing Grace (THE PROMISE)
The Impossible Dream (LIVE only)
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-17 00:32 | おでかけ | Comments(6)

チープシックガーデン

以前、ガーデニングの雑誌で「チープシックガーデン」ということばを目にしたことがありました。
お金をあまりかけないステキな庭」という意味かなと私なりに解釈しました。

6月には花がなかった庭は、今こんなふうになりました。
d0111216_22533096.jpg
d0111216_2254571.jpg

d0111216_22555149.jpg南の入り口を入り石段を登るとアーチまでの飛び石のところには、ご近所から分けてもらったタイムが植えてあります。来年の春、アーチにバラが咲く頃には、今見える地面をタイムが覆ってくれることでしょう。
脇にはアメジストセージやラムズイヤーやラベンダーも植えてあるので、「ハーブの小道」と名づけました。

d0111216_238286.jpg
黄色い花はメランポジューム。もう何年もこぼれ種だけでこんなふうに咲いてくれます。
ヤマボウシの幹の周りに種から育てた「キセランセマム」、その周りに白い花の「トレニア」「ベコニア」「ペチュニア」を植えました。
花壇の縁取りに「メランポジューム」のはずだったのですが、いつのまにか、脇役から主役になってしまいました。

ガーデニングを始めた頃は、買ってきた花苗ばかりを植えていました。
今では宿根草もふえ、種から育てた苗を植えたり、ご近所や友人から分けてもらった花も根付きました。
来週、IL DIVOのコンサートから帰ったら、ビオラの種まきをする予定です。

お金がかからない分時間と手間はかかりますが、これからも「チープシックガーデン」をめざそうと思っています。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-12 23:40 | ガーデニング | Comments(6)

誕生日のプレゼント

私の誕生日に、「55才になった記念に、何かプレゼントするよ」と、夫からうれしいことばがありました。

せっかくだから、何にしようか考えました。
1眼レフデジカメは、ブログに載せるための写真がもっといいものになるでしょう。
iPodは、ジムでは「足軽くん」たちの必須アイテム。私もまねしましょうか。
それとも、物でなく「エステ」の回数券はどうでしょう。アンチエイジングのために・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは、50才の誕生日のプレゼントに買ってもらった「ウクレレ」です。
d0111216_19453052.jpg
あの時は、「ウクレレを!」と即答しました。
ジェイク・シマブクロを知ってウクレレのイメージがだいぶ変わり、自分でも弾いてみたいとちょうど思っていたところだったのでした。
1年くらいはよく弾いていて、夫も自分のウクレレを買いました。
しかしそのあとは、両方の両親の相次ぐ入院などがあり、弾く余裕がなくなってしまいました。
そして今年、夫が再開、私も5月の高校のクラス会で友人がやっていると聞いて再開しました。
夫は、毎日のように自分の部屋で。私は、週1~2回玄関カフェで弾いています。
楽譜本には、ハワイアン、童謡、懐メロ、映画音楽などが入っています。
私は一通り弾いた後に必ず、「エーデルワイス」で〆ます。
小学生の時に見た大好きな映画「サウンドオブミュージック」の中で、トラップ大佐が弾くギターの音色、すてきでした。
手の小さい私にはギターは向きませんが、ウクレレなら弾けます。
5年経ってもまだまだ初心者ですが、いくつかのコードを覚えて弾き語りしています。

思いつきで手に入れた「ウクレレ」でしたが、これからも長く楽しめそうな気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、今回のプレゼント。
有効期限はないそうなので、ゆっくり何にしようか迷いたいと思います。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-08 22:13 | ウクレレ | Comments(10)

55才

今日は、私の55才の誕生日でした。

夜、夫といっしょに近くのK公園を散歩しました。
d0111216_2323619.jpg

いつもと同じ夜の公園の風景ですが、今日は満月でした。

d0111216_2324173.jpg
d0111216_2325517.jpg
d0111216_23275127.jpg

刻一刻とさまざまな表情を見せてくれるお月さま。

月を見ながら歩いていたら、自然に「ありがとう」という気持ちが湧いてきました。

そして、「これからもずっと見守っていてください」と心の中で言いました。
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-05 23:56 | 家族の記念日・季節の行事

のんこ改造中(2)

今日から9月。
秋きぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる (古今集 藤原敏行)
いよいよ、秋本番ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、以前お話した「のんこ改造計画」についてですが、始まって早ひと月が経ちました。

d0111216_22595820.jpg今日もさきほど行ってきて、10回目が終わりました。
初めは日中行っていたジムでしたが、やはり夜でないと都合がつかなくなりました。
夜8時から1時間半運動して、お風呂で汗を洗い流して帰ってきます。
夜は人がいっぱい。
とくに若い人が多いです。


今日も、トレッドミルでウォーキングしていると、両側は息子ほどの若い男の子たち。
すごい速さで走っています。
その迫力といったら、「狩猟民族」がいのししを追いかけているような、または、桶狭間で槍を持って走る「足軽」のような・・でした。
私は、走るなんてとんでもないので、時速6キロに設定して早歩き状態で30分。
それでもいい汗がかけます。

あまりハードなメニューではないし、週2回ですし、お盆にたくさん食べてしまったこともあり、効果は少しだけ。
1ヶ月で、体重は-0、9kg、体脂肪は-0,8%です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで一首。
痩せたとは目にはさやかに見えねども 脂肪ちょい減り筋肉ふえた (のんこ)
[PR]
by naninunenonko0905 | 2009-09-01 23:47 | ダイエット | Comments(10)