<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 毎日寒いですね!
 厚着したり暖房するだけでなく、体の中から温めようとジンジャーシロップを作りました。
作り方はとってもかんたん。
鍋に2mmの厚さにスライスした生姜(60g)と水500cc、砂糖300gを入れて、火にかけます。沸騰したら弱火にして20分加熱すればできあがりです。年末に「はなまる」でやっていたのをNさんから教えてもらいました。
d0111216_2253830.jpg

 大さじ2杯ほどをカップに入れて、熱湯をそそげば「しょうが茶」に。今まではいちいち生姜をすりおろして作っていましたが、この方がかんたんですし、お茶が濁らずにおいしそうに見えます。紅茶に入れてもいいし、甘酒に入れても相性がよく、飲めば体がほっこり温かくなります。インフルエンザも流行りだしましたし、これを毎日のんで免疫力をアップさせようと思います。
 冷蔵庫で1ヶ月は持つそうですが、わが家では2週間でなくなりました。底に残ったスライス生姜を使って、牛コマ切れ肉を佃煮風に煮てみたらおいしかったですよ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2012-01-24 23:07 | 手作り | Comments(2)

「日本の祭り・東京」へ

 東京ドームで行われていた「日本の祭り・東京」へ行ってきました。
d0111216_14462815.jpg
 これは、「お祭り広場」での「青森のねぶた祭」。
元気のいい「ラッセー」という掛け声や太鼓の音とともに踊る人たち。その後にねぶたが続きましたが、ただ引っ張るのでなく、波打つように動いたり回転したりとダイナミックな躍動感がありました。このねぶたは、昨年の青森ねぶたで実際に使われたものを分解して、大型トラック7台で運んできたのだそうです。本当の祭りでは、22個のねぶたが出るそうなので、さぞかし壮観なことでしょう。
d0111216_15332021.jpg

d0111216_1512854.jpg 今回の催し物のもう一つの楽しみは、おいしいものに出会えることです。北海道から沖縄まで、ご当地の逸品や話題のB級グルメ、スイーツや地ビールまで、たくさんの店が並んでいました。
 いかめしや、かにやイクラ飯、牛コロッケ。その他、行く先々でおいしそうなのでちょこちょこ食べ、さらにすすめられるまま試食していたので、最後に行った「スイーツストリート」では目で鑑賞するだけで終わりました。
 それにしても、すごい人。
9日間の最終日ということもあってか、どこへ行っても満員電車並みの混雑。外はとても寒いのに、この中だけは頭がクラクラするような熱気でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2012-01-16 15:41 | おでかけ

自分へのお年玉!

 先週上野で「北京故宮博物院200選」を見た後、東京駅前の「丸善」へ立ち寄りました。
 ここに来るといつものことですが、夫とは1時間後に会うことにして別行動です。夫が本をさがしている間、私は4階へと向かいました。ボールペンを選ぶためです。そこでいろんなメーカーの数本を出してもらい、試し書きして気に入ったのを選びました。
d0111216_23303351.jpg
 「パーカーのソネット」にしました。色は今年のラッキーカラーでもある「レッド」です。うれしいことにサービスで名前を入れてくれるというので、その間、近くの文具売り場で便箋や封筒、イニシャルのシールを買いました。
 あれから1週間、毎日このボールペンを使っていますが、とっても使いやすいです。滑るように字が書けるので、長く書いていてもきっと疲れないと思います。
 このボールペン、自分で「自分へのお年玉」のつもりで選びました。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2012-01-10 23:51 | おでかけ | Comments(2)

d0111216_18224266.jpg
d0111216_18243467.jpg
 昨日、「北京故宮博物院200選」展を見に上野の東京国立博物館へ行ってきました。

 この日が初日とあって並ぶ覚悟はして行ったのですが、予想以上の数百人が行列を作っていました。上の写真は本館前に並んで1時間半かかってこの位置になり、あと30分かかって左側の平成館に入場できたのでした。しかしそれではすみませんでした。お目当ての「清明上河図巻(せいめいじょうかずかん)」を見るにはさらに1時間並ぶことになりました。
 長さ5mを超す絹本の清明上河図巻には、なんと800人の人々と十数隻の船が登場し、軒を連ねた家々では、日々の暮らしが営まれていました。北宋(960~1127年)の時代の光景が描かれていました。
驚くのは、その細かな描き方です。船で洗濯する女性の姿。おもちゃをねだる子供。魚を見つめる人々。それぞれの顔の表情まで描かれていたのです。
3時間並んで、ガラスケースに入ったこの図巻を見た時間はなんとたったの3分です。ですから、列を進みながら拡大したパネルを見ておき、本物を前にした時は見たい所を確かめる方法にしました。虹橋に群がる人たち。橋を潜ろうとして帆を急いで下そうとする様子。そのざわめきが聞こえてきそうな描写に驚いたのでした。
 図巻を見終わった後は、歴代の皇帝たちの200点もの至宝を見て、その豪華さや優美さを感じたのでした。

 この日は長時間行列に並び、寒さと空腹に耐えなければなりませんでしたが、それまでしても見られてよかったと思いました。2月19日まで開催されているのですが、「清明上河図巻」は1月24日までの展示だそうです。


<東京国立博物館のホームページより>
 「清明上河図」は、北宋の都・開封(かいほう)(現在の河南省開封市)の光景を描いたものと言われています。作者である張択端(ちょうたくたん)は、北宋の宮廷画家であったということ以外、詳しいことがほとんど分かっていない謎の画家です。全長約5メートル、縦24センチの画面のなかに登場する人物は773人!(異説あり) 。まさに神技です。
汴河(べんが)の流れに沿って、市民の生活が衣食住にいたるまで細かに描かれ、宋代の風俗を知るためにも一級の資料です。北宋文化の絶頂期・徽宗(きそう)皇帝のために描かれたとされ、庶民の幸せな日常生活が画面に満ち溢れています。後世にもたくさんの模本が作られました。
ここまで精密に描かれた都市風景は、もちろん同時代の西洋にもほとんどありません。北京故宮でも公開される機会はごくまれで、上海博物館で公開された時は夜中まで行列が続いたほどの熱狂的大ブームを巻き起こしました。まさに中国が誇る至宝であるとともに、世界でも屈指の幻の名画なのです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2012-01-03 23:58 | おでかけ

謹賀新年 あけましておめでとうございます。

昨年は東日本大震災、福島の原発事故、そして自然災害といろんなことが次々に起きた大変な1年でしたね。
私にとっても、体力や自分の処理能力の低下にがっかりし落ち込むことの多い年でした。

さあ、今日から2012年。
今年は、身の丈に合った生活をおだやかにすごせたらいいなと思っております。
「ぽこあぽこ的生活」も以前のように週2回のペースでの投稿は無理そうですが、書きたいなという気持ちがわきあがった時にアップしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

d0111216_2335954.jpg
このまゆ玉製の干支は、今から20年も前に福島県郡山市三春の「高柴デコ屋敷」で買ったものです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2012-01-01 23:57 | 家族の記念日・季節の行事 | Comments(2)