<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 IL DIVOコンサートの翌日、私たちはホテルでゆっくりと朝食した後ホテルを後にしました。
 メロンさんのリクエストで「靖国神社」を参拝。桜の開花宣言の時に必ず映し出される「標本木」も見てきました。(11日のことなので、もちろん桜は固いつぼみの状態でしたが)
 お天気がよかったので、皇居外苑を散歩。平日の午前中にもかかわらずジョギングしている人たちに出合いました。
 その後は、地下鉄で六本木へ。 黒柳徹子主演 海外コメディ・シリーズ25周年記念公演『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』を観劇しました。

(以下、ホームページのコピペです)

公演日程2014年3月8日 (土) ~2014年3月23日 (日) 作ロナルド・ハーウッド 演出高橋昌也
出演 黒柳徹子 阿知波悟美 団時朗 鶴田忍.

1989年にスタートした黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズの第28弾として、2011年に初演し、好評を博した『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』を再演します。
今回から会場を、2013年秋オープンの新劇場、EX シアター六本木
『想い出のカルテット』は、『ドレッサー』などで著名な英国の脚本家ロナルド・ハーウッドの傑作戯曲。あのダスティン・ホフマンがメガホンを取り、マギー・スミスらの出演で映画化もされた笑いと涙の物語です。
かつてオペラ「リゴレット」で共演したことがある元オペラ歌手4人が、作曲家ヴェルディ生誕を記念するホームでのコンサートで、再び「リゴレット」の四重唱を披露しようとするが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もうすぐ、80才だという黒柳徹子さん。あのたくさんのセリフを覚えるのは大変でしょうね。それにテレビでよく見かける芸達者な3人。楽しい2時間半でした。
 見ていて「人は心がけ次第でいくつになっても頑張れるんだ」と思いました。観客はシニアの人が多かったのですが、終わった後には、4人に皆であたたかい拍手を送りました。

 さて、EXシアターを出たのが4時半。メロンさんと別れ新幹線に乗って急いで帰ってきました。この日は練功十八法の日。大急ぎで着替えてなんとか準備体操をしている7時5分に着きました。
 次のIL DIVOコンサートにも行くために、体力をつけていつまでも元気でいないとね(^_-)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-30 17:41 | おでかけ

d0111216_2031950.jpg
 この日私とメロンさんは、東京丸の内にある「パブ・カーディナル」に行きました。店内は、IL DIVO色いっぱい。特大のパネル、スクリーンに映し出されるライブ映像、流れる歌声。早目の夕食をしながらこれから向かうコンサートへの期待に胸は高鳴りました。IL DIVOファンたちで満席。私たちと同席した仙台から来たという女性とも、熱くおしゃべりしました。

 日本武道館で19時から始まった『IL DIVOコンサート』はすばらしかったです。今回は「A MUSICAL AFFAIR」。ミュージカルの名曲をたっぷり聴きました。お馴染みのミュージカルソングもIL DIVOにかかると彼らのオリジナル曲になってしまいます。曲によって、英語の曲でもスペイン語やイタリア語に替えてあるのです。
 カルロスの重厚感のあるバリトンは、ミュージカル曲をドラマティックに盛り上げます。スペイン人らしく、観客の女性に対しては毎度ウィンク、笑顔のサービス。
 デイヴィッドのしなやかな美声はすばらしい。MCで言ってましたが、歌手としての始まりとなったオーデションはミュージカル曲だったそうですよ。
 ウルスは、艶と張りのあるテノール。彼の美しさもステキです。今回のプログラムのヨセフに扮した写真にはびっくりしましたが。
 4人の中で、唯一ポップス界出身のセバスチャン。彼の声が加わることでIL DIVOならではの歌声になると思います。

セットリスト

ACT ONE
Overture
1. Tonight   (ウェストサイド・ストーリー)
2. Some Enchaned Evening   (南大西洋)
3. If Ever I Would Leave You   (キャメロット)
4. Flowers Will Bloom
5. Can You Feel The Love Tonight (with Lea)   (ライオン・キング)
6. Defying Gravity (by Lea)   (ウィキッド)
7. Memory   (キャッツ)
8. I Will Always Love You  (ボディガード)
9. Don't Cry For Me Argentina   (アルゼンチンよ、泣かないで)
10. Somewhere   (ウェストサイド・ストーリー)

ACT TWO
11. The Winner Takes It All   (マンマ・ミーヤ)
12. Bring Him Home  (レ・ミゼラブル)
13. Love Changes Everything   (アラベクツ・オブ・ラブ)
14. FURUSATO
15. Who Can I Turn To?   (ドーランの叫び、観客のにおい)
16. Back to Before (by Lea)  (ラグタイム)
17. I Dreamed A Dream (by Lea)  (レ・ミゼラブル)
18. The Music Of The Night (with Lea)   (オペラ座の怪人)
19. Impossible Dream   (ラ・マンチャの男)
20. You'll Never Walk Alone   (回転木馬)

Encore
21. My Way
22. Time To Say Good-Bye

 今回のコンサートでは、フィリピン出身の女性シンガー レア・サロンガが参加し、歌声はもちろんですが、ステージがとても華やかでした。
 2年前のコンサートでは、東日本大震災の鎮魂を願って唱歌「ふるさと」を歌ってくれた彼ら。今回も歌ってくれました。また、復興ソング「花は咲く」の英語バージョン。この2曲は本当に心に沁みました。

 今年デビュー10周年のIL DIVO。私は、アイルランド旅行中に彼らの歌声に出合いファンとなって8年。日本でのコンサートが4回ありましたが、全部行くことができました。
 この8年間は、私にとっても父母や義父を見送ったり、震災に遭ったり等々大変でした。どんな時もIL DIVOの歌声に励まされてきました。これからもずっとずっと聴き続けたいと思います。

 コンサート中、「いつまでもこの時が続いてほしい」と願いましたが、2曲のアンコールで終了しました。
 外は、冷たい風が吹いていたのですが、興奮していたためか寒いと感じなかったのでした。「次のコンサートにもぜひ一緒に来ましょう」とメロンさんと話しながら、ホテルへと向かったのでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-13 23:10 | おでかけ | Comments(6)

 今年も玄関カフェにミニ雛を飾りました。
d0111216_2216276.jpg
 25年前から集め出したミニ雛は少しずつ数を増やし、20個を超えました。
 以前は段飾りにしていましたが、あの震災以来壊れては大変と、テーブルに敷いた毛氈の上に折敷を置いて、その上に飾るようにしています。
d0111216_22241555.jpg
 今回新たに仲間入りしたのは、伊予一刀彫のお雛さま。これは、昨年夏に四国松山の道後温泉に行った時に買ったものです。道後温泉商店街をぶらぶらしていて「伊予雛屋」というお店を見つけた時は、とてもうれしかったのでした。お店の中は雛人形をはじめ五月人形、干支など日本の四季折々の歳時行事の作品がたくさんありました。夏に旅行することの多い私は、ミニ雛に出合うのはそうかんたんではありません。でもここでは、たくさんの中から選ぶことができました。いっしょにいた夫は気をきかせて、「近くの甘味処でかき氷を食べているから・・・」と待ってくれました。30分間お店の人とおしゃべりしつつ選んだのがこれです。
 今の時期、玄関を訪れた銀行の人や集金に来た人などにも見てもらっています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-03-02 22:52 | 玄関カフェ | Comments(6)