<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 アイルランド人ラフカディオ・ハーンは小泉八雲として、日本で54年の生涯を閉じます。日本で過ごした14年間に、松江、熊本、神戸、東京に住みますが、1年3ヶ月住んだ松江の武家屋敷の旧居が保存されていました。
 私の中では、「小泉八雲→松江」のイメージが強かったのですが、過ごしたのは短かったのですね。でも、ここで武士の娘、セツを妻とし、山陰各地を取材。日本の文化や伝承を著書で世界に紹介していったようです。
d0111216_23182581.jpg

d0111216_23193730.jpg

d0111216_23214298.jpg
 八雲がとても気に入っていた庭は、小さいものの枯山水のすてきな庭でした。
 旅行中、本屋に立ち寄って「小泉八雲集」を買って読んでみましたが、「耳なし芳一」や「雪女」以外にもたくさんの作品を書いていたのですね。

 「小泉八雲記念館」を見学した後は、八雲が散歩した道を歩いてみました。塩見縄手周辺から松江城まで。
 別名千鳥城と呼ばれる松江城は、黒い下見板に覆われた漆黒の外観でした。夫は公園内で行われていた手裏剣投げに挑戦。3つのうち1つは的に刺さりましたが、「忍者稼業も大変だ」と言ってました。
d0111216_2322266.jpg
 帰り道に「へるんの小径」というお団子屋さんでひと休み。八雲はハーンの綴りから「ヘルンさん」と地元の人から親しまれていたようですよ。 
d0111216_23222199.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-11-22 23:25 | 旅の思い出

 
 9月27日(土)の夜に、夫の兄弟とその妻で構成されている「兄弟会」で、私の還暦祝いを開いてくれました。
 その時に贈られた祝い金、何に使おうかあれこれ考えました。そして、決めたのが、「オカリナ」です。近くの楽器屋さんには、一つ二つしか置いていないので、ネットで選んで買いました。

 
d0111216_9295992.jpg

 届いたのが10月1日。文字通り「六十の手習い」です。いっしょに買ったDVDとCD付きの教則本を見ながら吹き始めました。毎日と言いたいところですが、やっと時間ができたと思ったら真夜中という日が多く、いくら戸建と言っても控えなくてはならず、きちんとは練習できません。それでも、1ヶ月半たって吹けるようになった曲は次の通り。

 聖者の行進  若者たち  夏の思い出  エーデルワイス

 初めはお土産屋で買ったオカリナの音のようでしたが、やっと陶器の笛らしい音が出せるようになってきました。
 
 次は、「コンドルは飛んでいく」です。メロディーの最初の音がこのオカリナの最低音のラから始まるし、初めて# の音が登場するので、どうなりますか。でも自分のペースで進めばいいので気楽です(^_-)

 
 よい音を目指すという点では「ウクレレ」も同じ。ウクレレは50才の誕生日の記念に、そして「オカリナ」は、60才。「ウクレレとオカリナ」はこれからずっと楽しんでいけそうです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-11-18 10:13 | 音楽・映画・テレビ | Comments(2)

甦った古い人形たち

d0111216_001584.jpg

d0111216_02241.jpg
 

 東日本大震災の時、整理ダンスの上から落ちて傷ついていた人形たち。30年近くも前の手作り人形でもあったので、断捨離も兼ね、そろそろ近くの神社で人形供養してもらおうと考えていました。
 神社に持って行く前に人形の髪をきれいにとかしていたら、自分で作ったのだから直せるかもしれないと思いました。そして3日間かけて直してみました。

 まず服や下着や靴下は洗い、古いレースは付け替えました。右の人形の服は破れかけていたので、新しくしましたが、ミシンを出すのは大変なので手縫いです。欠けた鼻と指は紙粘土で補い、化粧品のファンデーションを塗ってみました。

 今日はテレビでフィギュアスケートを見ながら楽しくやっていたのですが、羽生くんが、競技前の練習中中国の選手と衝突した時はちょうどイヤリングをつけている時で、びっくりしてパールを飛ばしてしまいました。あの状況で演技をして2位。羽生くんのすばらしい精神力にただただ感心しました。

 今夜で一応修復は終わったのですが、スケートの一件で興奮して眠れそうにないので、できあがった人形をカメラで写しました。あの埃だらけの人形が甦り、表情も心なしかうれしそうに見えます。私もずっと気になっていた人形を直すことができ、ほっとしました。

 思い出のあるものの断捨離は、つくづく難しいと思います。今回またしばらくは手元に置くことになりました。右の人形の服は私のもう着ないと思われるボレロを使ったので、今回の断捨離では、服1枚だけでした。

 ※ この人形たちは、今から29年も前つわり中の私に友人が勧めてくれて作りました。石膏型に粘土を入れて顔や手足を作りました。顔は、前半分はくり抜いて2つの目の部分を開け内から目玉となるガラス玉を入れ、後頭部をつけ、ヤスリをかけ色を塗り、細い筆で眉やまつ毛を描く、服も型紙をもとに自分でデザインする等々、今なら絶対しないような作業の数々でした。でも楽しかったので夢中になるうちに辛いつわりの時期は過ぎたのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-11-09 00:52 | 手作り | Comments(6)

庭のプチDIY ♪

 Aさんの髪に白いペンキが少しついていました。新築した家の壁塗りをしているとか。なんか楽しそうでいいなと思いました。
 そうだ!私も家の庭を業者に頼まないでやってみようと思いつきました。
わが家の庭には枕木が20本埋め込まれていますが、15年も経つうちに白アリにやられたり腐ったりでやり直さなくてはいけないなと思っていました。枕木撤去と枕木風コンクリート新設の見積もりをガーデニング業者にしてもらったら、びっくりするほど高くてどうしようか迷っていたところでした。
 いろいろ検討した末、枕木撤去と処分はやはり人に頼むことにしました。その後ホームセンターに行って下見し、当日は夫にいっしょに行ってもらい材料を買いました。枕木風コンクリートは厚さこそ5cmですが1枚が15kg、深い穴を埋めるための砂利も100kgと重いのでした。結局4往復してやっと揃いました。
 力仕事は夫、私は現場監督。砂利を穴に入れて上に枕木風コンクリートを敷きました。その時間3時間半でした。枕木は20本でしたが、数も減らしたので、枕木撤去代を含めても、なんと費用は3分の1で済んだのでした。夫へのお礼はペットボトルのお茶と自家製甘酒シャーベットだけです(^_-)

d0111216_2011213.jpg


d0111216_20151969.jpg


今は、花の少ない庭ですが、バラが咲いています。数も少なく花も小さいのですが、ひっそりと咲く秋バラが私は好きです。

d0111216_20201866.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-11-05 21:07 | ガーデニング