<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0111216_21023287.jpg

 この写真は、沖縄の糸満市にある平和記念公園からの景色です。とても穏やかな風景で、太平洋戦争の激戦地であったことが信じられませんでした。

 今日は、太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」でした。テレビでは、平和記念公園での追悼式の様子が映し出されていました。


d0111216_21151941.jpg


d0111216_21163333.jpg

d0111216_21170180.jpg

 

 沖縄戦の戦没者名を刻む「平和の礎(いしじ)」。県民の4人に1人、12万人以上が犠牲となったそうです。さらに日本軍の亡くなった人も含めて計20万人以上が犠牲になったそうです。

 私がこの地を訪れたのは、3月30日でしたが、沖縄戦も3月末(1945年)に始まり、6月23日に終わったとされています。

 3泊4日の沖縄旅行の最後の日に、この地を案内してくれた糸満市に住むいとこのKさんに感謝しています。沖縄戦のことを何も知らずに「沖縄に行ってきた」と言えませんから。


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村

[PR]
by naninunenonko0905 | 2017-06-23 21:40 | 旅の思い出

 5月連休中の3泊4日の山口旅行4日目最終日は、下関市の「長府毛利邸」と毛利家の菩提寺である「功山寺」を見学し、後はレンタカーを返し新下関で新幹線に乗るだけでした。
 「予定の時間まで少し余裕があるから、関門橋を渡ろう」と夫。突如、九州へ行くことになりました。私にとって九州は1昨年以来2度目ですが、前回は山陽新幹線で海底を通ってしまったので、博多に着いた時は九州のような気がしなかったのですが、今回は海を渡って九州へ行ったと実感したのでした。それにしても、関門橋はたったの1068m。5分ほどで着いてしまいました。

d0111216_08184783.jpg

 車を駐車場に止めて「門司港」周辺を散策しました。貿易港として栄えた歴史を持つ門司港。レトロな洋館が立ち並ぶ、異国情緒あふれるベイエリアでした。時間がないので、名物の焼きカレーは漂う匂いだけ。オシャレなお店にも立ち寄れませんでしたが、行けてよかったと思います。

d0111216_08193366.jpg



d0111216_08201298.jpg


d0111216_08203428.jpg

 この日は朝から時折小雨の降るどんよりとした空模様でしたが、門司滞在の1時間だけは晴れあがってくれ、とてもラッキーでした。



 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2017-06-16 09:39 | 旅の思い出

  フグ料理の本場、下関市で『とらふくのフルコース』を味わいました。
  「とらフグ刺し」→「とらフグ吸」→「とらフグのから揚げ」→「とうとうみの湯あらい」→「とらフグのちり鍋」→「とらフグ雑炊」
  とてもおいしくて、大満足でした。


d0111216_19071304.jpg

 下関では、縁起を担いで「ふぐ」を幸福の「ふく」と呼ぶそうです。
 ですから、こちら流に言えばこの記事のタイトルは「ふく料理をたらふく食べる♪」と変えてもいいかもしれませんね(^_-)


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2017-06-14 19:34 | おでかけ | Comments(2)

ウクレレ発表会


d0111216_22513384.jpg


 昨日6月11日、ウクレレの発表会がありました。ウクレレが多いですが、ギター、二胡、ピアノ、けん盤ハーモニカ、コーラスの発表もあり、総勢200名近くの人たちで10時30分から6時30分までの大盛況の会でした。
 私は2つのクラスに属していて、午前中はウクレレを弾きながら歌うハワイアンソングを3曲(4名)。午後は、プライベートクラスの4名で1960年代に流行ったロックを演奏しました。
 ↑のバラは、以前レレ友(今はやめてしまったけれど)だったNさんが手渡してくれた花束を飾ったものです。夜にはメールで、「今日はお疲れさまでした。とてもすてきな演奏と衣装でしたよ」と。そうそう、今回は衣装も工夫しました。ハワイアンの方はお揃いのパウスカートを作ってもらい、あまり布で小物を作って手首、足首に。ロックの方は、白の上下にブルーに白の水玉の布で頭にリボン、首にはスカーフなど。
 よく練習しました。左手の人さし指と中指には初めてタコができました。
 反省すべきところもあるけど、夢中になれるものがあって本当によかったです。
 
 ほっとしたのも束の間、今度は10月にプライベートクラスのミニ発表会があります。今度はソロ。ひとりでの演奏なので、新たな気持ちでがんばらないと。今日は、家にある楽譜から数曲練習を始めました。


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2017-06-12 23:32 | ウクレレ | Comments(2)

 今回の旅行は夫が計画して、レンタカーで280kmも運転してくれました。そのため私は主な所だけしか把握してなくて、次はどこに行くのかも直前まで知らないという、のほほんな旅でした。でも、それだけに予想していないことに出合えておもしろかったです。

 旅行1日目は湯田温泉に泊まったのですが、夜ホテル前のカラオケ店で1時間歌った後ぶらりと散歩していたら、近くに「中原中也記念館」があるのを見つけました。それで、次の日の朝、9時の開館を待って見学しました。

d0111216_22550165.jpg

 帽子をかぶった写真が印象的な中原中也。高校の教科書に「汚れちまった悲しみに・・」があったのを思い出しました。彼は、この温泉地に生まれ育ったのですね。



 旅行3日目。萩を離れた後、長門市仙崎(古くから漁業で栄えた町)で「金子みすず記念館」へ立ち寄りました。

d0111216_23064644.jpg

 みすずが20歳まで過ごした実家兼書店「金子文英堂」が復元されていました。2階には、みすずの部屋がありました。
 6年前の震災後「こだまでしょうか」とテレビCMでくり返し流れましたが、あれは彼女の詩。
 ここで、みすずの書いた童謡集を1冊買ってきました。枕元に置いて時折読んでます。「みんなちがって、みんないい」は、『わたしと小鳥とすずと』の1文です。

 中原中也と金子みすず。ふたりとも夭折の詩人ですが、短い生涯の中でたくさんの詩を残してくれました。


いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2017-06-05 23:36 | 旅の思い出