タグ:心に残る風景 ( 149 ) タグの人気記事

和歌山白浜への旅

 もう1ヶ月半も前のことですが、5月3日和歌山の白浜へ旅行してきました。

d0111216_1752382.jpg

d0111216_17532786.jpg
 まず、向かったのは「とれとれ市場」。駐車場にはたくさんの車。けっこう遠くのナンバーもありました。中も家族連れなど大賑わい。それでも、何とかおいしい海鮮丼を味わうことができました。

d0111216_1813448.jpg
 次に向かったのは、白浜のシンボルとして名高い「円月島」。
この日の天気は、発達した低気圧が近づいているため、強風と高波。親切なタクシーの運転手さんは、眺めのいい場所に車を止めてくれたり、「お天気がよければこんな風でしたよ」と島の中央にあいた丸い海食洞に沈む太陽がすっぽり入ったすてきな写真を見せてくれました。

d0111216_18124527.jpg
 ホテルでは温泉に入ったり、エステマッサージを受けたり、リラックスできました。部屋からは夕焼けも見えました。この日の夜中はかなり強い雨が降ったようですが、予報の割には日中は一度も傘をささずにすごせ、ここでも「晴れ女パワ」ーが少し発揮できたようです。

いつもご訪問ありがとうございます。
応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2016-06-30 18:19 | おでかけ

日光・・輪王寺と東照宮

 皆さまお久しぶりです。2ヶ月も投稿しませんでしたが、私は元気にしております。
 数日前の大雨では、私の住む市内にも被害があり、テレビなどを見た知り合いから心配のメールやお電話をたくさんいただきました。わが家の3km東には鬼怒川が流れていますが、わが家は高台のため大丈夫です。

 さて、もう1ヶ月前の8月のことになりますが、家康400年祭の行われている日光に行ってきました。今年は徳川家康公没後400年なのだそうです。

 まずは、輪王寺へ。現在本堂の大修理中で、高さ約37m、幅約66m、奥行き約40mの鉄骨造、最上部には天井クレーンを備える建物で覆われていました。地上26m(ビルの7階に相当)には「天空回廊」(展望見学通路)があり、三仏堂の屋根頂上と同じ高さから修理現場を見学できました。
d0111216_2183266.jpg

 次は、日光東照宮へ。
d0111216_2120722.jpg

d0111216_2126148.jpg

d0111216_21262520.jpg

 雨の降りしきる中、奥宮まで歩き家康公の神柩をおさめた宝塔(墓所)をお参りしました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2015-09-12 21:34 | 旅の思い出

 2日目は2台のタクシーに分乗して、五箇山と白川郷を観光しました。

d0111216_1613149.jpg


  2日目の全行程を終え金沢駅に戻った時、もてなしドームには、こんな垂れ幕がかかっていました。
d0111216_16262169.jpg


d0111216_16264728.jpg
 4年前は秋、そして今回は夏の金沢を楽しみました。
次回は、ぜひ雪吊りの兼六園を見に、冬に来てみたいと思いました。


 前回と今回のブログのコラージュは、いっしょに旅行した友人のために作ったものです。3枚のコラージュや集合写真3枚、それぞれの数枚のスナップ写真をまとめて、かんたんなアルバムにしてプレゼントしました。

 受け取った友人から次々に電話やらメールが来て、また旅の思い出話で盛り上がっています。まだまだ、金沢旅行の余韻は続きそうです。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2015-06-25 16:13 | おでかけ | Comments(4)

 5月のゴールデンウィーク中、4泊5日の九州旅行をしました。

 若い頃何度も九州に行ったことのある夫が、初めての私や娘のためにプランを立ててくれましたが、飛行機嫌いのために、新幹線で行きレンタカーで回るという体力のいる旅となったのでした。

 まず、ホテルに荷物を置いて向かったのは、博多天神の屋台です。どの店もほぼ満席で盛り上がっていて、旅行者にはちょっと入りにくい雰囲気。でも3席空いた屋台「ぴょんきち」に何とか座れました。
d0111216_21331977.jpg
 隣の席の、夫婦か親子か恋人か何ともわからないお二人が、私たちに親切に話しかけてくれたので、ドキドキの屋台デビューが楽しくなりました。
d0111216_21491226.jpg
 サワーで乾杯、豚骨ラーメンに一口餃子、焼き鳥。狭い調理スペースなのに手際よく出てくるのにはびっくり。味もなかなかでした。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 博多は、旅行最終日にも観光しました。
中州川端の商店街。櫛田神社をお参りして、黒田家(官兵衛、長政)ゆかりの福岡城跡も散策しました。
d0111216_2252370.jpg

d0111216_2262546.jpg

 これが博多駅ビル。着いた時は夜でよくわからなかったけれど、帰る時に見たらこんなに巨大駅ビルだったのでした。
d0111216_228247.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2015-05-20 22:21 | 旅の思い出 | Comments(2)

桜&いちご大福

 太平山の桜です。まだ五分咲きです。
d0111216_2363496.jpg

 大平町の運動公園は桜は七分咲き、花桃は満開です。
d0111216_2365038.jpg

 今度の週末が満開かもしれませんが、今日も十分きれいでした。

 桜と言えば桜餅でしょうけど、今日はいちご大福を作ってみましたよ。
d0111216_23172123.jpg


d0111216_23173827.jpg

 和菓子屋さんのように上手にはできませんが、新鮮ないちごと白あんを求肥で包んだもの。
味はおいしいです(^_-)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2015-04-01 23:23 | つぶやき | Comments(2)

北鎌倉で珈琲を♪

 去る11月23日、早起きして鎌倉へ行きました。
小春日和の上天気のせいか、どこもかしこもすごい人でした。
この写真、初詣かと思うような混雑でしょう。
d0111216_22294092.jpg

 ちょうど昨年のこの日、京都ですばらしい紅葉を見たので、鎌倉でも紅葉が見られればと思っていましたが、まだまだ早すぎたようでした。(明月院の円窓)
d0111216_22354369.jpg
 
 北鎌倉駅で下車し、東慶寺、明月院、建長寺、鶴ケ丘八幡宮、そして鎌倉駅まで、15000歩とよく歩いた1日でした。

 そんな中、皆さんにもお勧めしたいお店がありました。
d0111216_22411446.jpg
 明月院を過ぎてさらに緩やかな坂を進んで行きます。看板の所から急な石段を33段上ると、そこが「石かわ珈琲」です。私たちは開店と同時に入ったのですが、しばらくすると10席しかないので満席に。
d0111216_22505825.jpg
 夫はあじさいブレンド(中煎り)を、私はきたかまブレンド(深煎り)とケーキを注文しました。
 ペーパードリップでていねいに淹れられた本格コーヒーを、BGMが静かに流れる店内でゆっくり味わった1時間、今思い出してもいい時間だったなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-12-14 23:01 | おでかけ | Comments(2)

 松江から米子に車で移動する途中、足立美術館に立ち寄りました。
 約5万坪の広大な日本庭園と近代日本画コレクションで有名な美術館だそうですが、私は訪れるまでそのことを知りませんでした。横山大観や、上村松園、伊東深水などの日本画を鑑賞しながら、ガラス越しに庭園を眺めました。

d0111216_23295378.jpg
 「生の額絵」・・・館内の窓がそのまま額縁に。本当の絵のようでした。

d0111216_23302191.jpg
 「苔庭」・・・苔や松の緑と、白砂の白の対比が美しい庭でした。

d0111216_23363565.jpg
 遠くの山から滝水が流れてきてこの庭にたどり着くという雄大な庭。
 実は、遠くの滝(右後方)は作られたもので美術館の開館時だけタイマーで流しているとか。奥まで続く景色だが途中に大きな道路が走っているそうです。また、遠近感を出すために、木々の大きさに工夫しているそうです。木々を育てるスペースがあって、つねに大きくなったら植え替えていると言います。

 このような努力の賜物でしょうか。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」で三ツ星評価を得たほか、アメリカの庭園専門誌で11年連続「庭園日本一」に選ばれたそうです。

 入館した時は「入館料2300円は高い!」と思いましたが、見終わった後は、「安いかも」と思えるような見ごたえ十分な美術館でした(^_-)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-12-02 22:35 | 旅の思い出

 アイルランド人ラフカディオ・ハーンは小泉八雲として、日本で54年の生涯を閉じます。日本で過ごした14年間に、松江、熊本、神戸、東京に住みますが、1年3ヶ月住んだ松江の武家屋敷の旧居が保存されていました。
 私の中では、「小泉八雲→松江」のイメージが強かったのですが、過ごしたのは短かったのですね。でも、ここで武士の娘、セツを妻とし、山陰各地を取材。日本の文化や伝承を著書で世界に紹介していったようです。
d0111216_23182581.jpg

d0111216_23193730.jpg

d0111216_23214298.jpg
 八雲がとても気に入っていた庭は、小さいものの枯山水のすてきな庭でした。
 旅行中、本屋に立ち寄って「小泉八雲集」を買って読んでみましたが、「耳なし芳一」や「雪女」以外にもたくさんの作品を書いていたのですね。

 「小泉八雲記念館」を見学した後は、八雲が散歩した道を歩いてみました。塩見縄手周辺から松江城まで。
 別名千鳥城と呼ばれる松江城は、黒い下見板に覆われた漆黒の外観でした。夫は公園内で行われていた手裏剣投げに挑戦。3つのうち1つは的に刺さりましたが、「忍者稼業も大変だ」と言ってました。
d0111216_2322266.jpg
 帰り道に「へるんの小径」というお団子屋さんでひと休み。八雲はハーンの綴りから「ヘルンさん」と地元の人から親しまれていたようですよ。 
d0111216_23222199.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-11-22 23:25 | 旅の思い出

d0111216_21191268.jpg
 昨日「結い市」[10月11日(土)12日(日)開催]へ行きました。問屋街エリア、まちなかエリア、神社エリアを友人mmさんと回りましたが、とても楽しい3時間でした。
 

 
 途中、きれいなものにたくさん出合いました。

d0111216_2139444.jpg
 蔵美館の鮮やかな暖簾。保坂家住宅の庭では私の好きな「ムラサキシノブ」に。

d0111216_21512120.jpg
 紬の街らしく、繭の暖簾。

d0111216_21552780.jpg
 絹糸がいろんな模様を描き出す華やかな「加賀ゆびぬき」。

d0111216_220772.jpg
 木のこけしと思ったら、「羊毛フェルトのこけし」でした。

 いつもは車でさっと通りすぎてしまう、空き店舗のある少し寂しい街並みが、生まれかわったように生き生きしてました。古い街並みの店に並んださまざまな作品に、ものづくりにがんばる若い人たちの思いが感じられ、とてもよい刺激を受けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 実は、2週間後にバザーがあって今年も「手作り品」を出そうと思っています。それなのに、今年はやる気が出なくて困っていました。
 「結い市」から帰った後、家にある材料でとりあえず1つ作ってみました。これから新しいことに挑戦するのは大変ですが、例年のように「ドライフラワー」で、自分らしいモノを作ればいいと思えるようになりました。
d0111216_22254441.jpg
 

 先ほどお花屋さんでバラやアジサイ、スターチスのドライフラワーも買ってきました。明日は台風で大荒れの天気になりそうなので、家に籠って作品作りしようと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
 
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-10-12 23:07 | おでかけ | Comments(2)

 旅行2日目は、出雲大社へ行くので松江の観光は午前中のみでしたが、堀川遊覧船乗ったことで、風情ある城下町をのんびり楽しむことができました。

d0111216_20582773.jpg

d0111216_2101828.jpg


 そうそう、おもしろかったのは、橋の下をくぐるたびに舟の屋根が電動で下げられたことです。
そのたびに私たち乗客も体を前屈し、何度もストレッチしてしまいました。1ヶ所だけ左右の幅もギリギリの橋があって、ベテラン船頭さんも慎重に進めていました。

d0111216_2193360.jpg


 こんなこともありました。下の写真あたりで船頭さんが「この橋をくぐると、前方に宇賀橋、左手に松江城天守閣が見えるビュースポットがあります。いい写真が撮れるから準備しておいてください」と教えてくれました。

d0111216_21383045.jpg

 私もカメラを構えて待っていたら、なんとその時、20cm位のボラが舟の中に飛び込んできました。私たちは小パニック。ボラを水の中に返してやるのに手間取って、結局だれも「いい写真」は撮れませんでした。
 でも、こんなハプニングも今となっては、楽しい思い出になりますね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2014-10-02 21:43 | おでかけ