タグ:心に残る風景 ( 164 ) タグの人気記事

盆栽

11月18日(日)、さいたま市大宮盆栽美術館に行きました。

d0111216_22491253.jpg

d0111216_22511706.jpg

 盆栽というと、おじいさんが縁側で・・のイメージだったのですが、大胆で繊細で、びっくりしました。ちょうど、以前テレビで見たことのある木村正彦さんの作品展があり、それらの作品に圧倒されました。枝は「ジン(神)」、幹の部分は「シャリ(舎利)」と呼ぶことを知りました。盆栽は、まず正面から見て、その次は下から見るのがいいそうです。


d0111216_23285306.jpg




d0111216_23093827.jpg

 近くには盆栽園がいくつもありましたが、「清香園」に立ち寄ってみました。そのお値段にびっくり。桁を間違えるくらいでしたよ。

 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-11-30 23:12 | おでかけ | Comments(0)

「江ノ島」のつづき♪

 「新江ノ島水族館」も行きました。たくさん撮った写真の中にこんなのがありました。



d0111216_13315290.jpg

 赤ちゃんが持っている「うちわ」は、実は「エイ」。かわいい笑顔に見えるけれど、これはエイの腹側です。つぶらな瞳に見えるのは鼻の穴。背中側に目があるけど、こちらはちょっと恐い感じがしました。


 パンケーキの店「エッグスンシングス」にも行きました。

d0111216_13542840.jpg

 インスタ映えしそうなホイップクリームたっぷりの「パンケーキ」。メロンさんとシェアしましたが、それでもおなか一杯。おいしかったです(^_-)-☆


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-11-17 13:59 | おでかけ | Comments(2)

半世紀ぶりに江ノ島へ

 IL DIVOコンサートの翌日は、いとこのメロンさんの案内で江ノ島へ行きました。私にとって江ノ島は、小学生の修学旅行以来50年以上経っての再訪でした。
 私の晴れ女パワーは1日しかもたず、この日は江ノ島に着いた時は小雨模様。シーキャンドル(展望灯台)から「お天気がよければあそこに富士山が見えるはず」と言いながら景色を眺めました。でも平日で雨だったため、いつもなら混み合う店「とびっちょ」にも少し待っただけで入れました。
 ここで食べたかったのは、もちろん生しらす。メロンさんの「量が多い」というアドバイスで二人でシェアすることに。さらに、生しらすと釜揚げしらすの両方を味わいました。とてもおいしかったです(^_-)-☆

 

d0111216_10475002.jpg





 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村
[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-11-15 11:29 | おでかけ | Comments(2)

d0111216_22333347.jpg
 
 フィレンツェからひと足のばして、ピサに行ってきました。まずは、円柱形型の『洗礼堂』が見えました。

d0111216_22341146.jpg

 
 次に、繊細で優美な『ドゥーモ』が。
その奥に『ピサの斜塔』が見えてきました。わっ、ほんとに斜めです!




d0111216_22471514.jpg

 下から見上げると、こうです。296段のらせん階段を上りますが、幅が狭くてすれ違うのがやっと。ガリレオ時代からなので、階段のステップはすり減っていました。高さ58m。傾斜は4m、およそ4°の傾きです。最上階に着いた時は、心臓パコパコ、頭クラクラでした。
 今回「ピサの斜塔」を検索したら、先月この階段で日本人男性が亡くなったとか。なんと、私と同年代の人。無事に帰ってこられてよかったです。でも、得難い体験ができてよかったです。


d0111216_17152035.jpg


d0111216_22365545.jpg

  ピサの斜塔が倒れないように、人差し指で支えてみました(^_-)

 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村


[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-05-16 18:13 | イタリア

d0111216_10543998.jpg

 フィレンツェの街並みは、オレンジの屋根が特徴でとても美しかったです。↑の写真は↓のミケランジェロ広場で写したものです。
 広場にあったダビデ像はレプリカ。もう一つのレプリカをシニョリーア広場でも見ました。本物は「アカデミア美術館」にあるので見られませんでしたが、レプリカとはいえ迫力満点でした。


d0111216_10553364.jpg

 世界最古の薬局『サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局』にも行ってきました。1221年、修道士によって生まれた歴史ある薬局で、1300年代の家具がある店内はまるで博物館のようでした。

d0111216_11000931.jpg

 フィレンツェでは、おいしいチョコレートやお菓子にも出合いました。↓は老舗『Venchi』(ヴェンキ)。おみやげや自分用に買いました。ジェラートもおいしかったです。行くまで知らなかったのですが、イタリアのチョコレートはおいしいです。他のもたくさん買ってきて、2ヶ月半たった今でも、Baci(バッチ)チョコを少しずつ食べています(^_-)


d0111216_11003091.jpg



 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村


[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-05-15 13:58 | イタリア

 フィレンツェは、「花の都」と言われるだけあってルネサンスの雰囲気を今も残す華やかな街でした。

 ↓ はアルノ川にかかるヴェッキオ橋。橋の両側には金細工の店が並んでいました。橋の上にはメディチ家の秘密の通路があります。ウフィッツィ美術館の3階から撮ったのですが、右手の回廊から橋まで続いているのがわかりました。

d0111216_21381230.jpg

 
 ウフィッツィ美術館の3階通路から美術館を見た所です。こんなに広い。この中に名画、彫刻の数々が。開館と同時に入館したのでゆっくり鑑賞できましたが、出る頃はたくさんの人が並んでました。
d0111216_22010185.jpg

 たとえば、ボッティチェリ作の「春(プリマヴェーラ)」。
d0111216_22122107.jpg

 女神フローラの足元にたくさんの花々が。以前は隠れていたのが修復により発見されたとか。現地のガイドさんの説明あったので、楽しく鑑賞できました。

d0111216_22132742.jpg

 その他『ヴィーナス誕生』や『受胎告知』も鑑賞しました。レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「受胎告知」は、以前上野で長蛇の列に並んで一瞬しか見られなかったのを考えると、手の届く距離でじっくり見ることができるのは、とても贅沢な時間でした。
d0111216_09512347.jpg


 「ドゥオモ」。街を代表する教会をドゥオモと呼ぶそうで、フィレンツェでは↓の大聖堂がそれにあたるとか。着工から完成まで140年もかかったそうです


d0111216_22310947.jpg


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村


[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-04-25 22:43 | イタリア | Comments(0)

 これが世界遺産に登録されている「サン・マルコ広場」です。右奥は高さ99mの大鐘楼。
ベネチア共和国(8世紀~18世紀)時代、海運交易によって得た富で築かれた数々の建物。当時の栄華を窺い知ることができました。


d0111216_20263333.jpg

 広場の正面には、壮麗な「サン・マルコ寺院」があります。

d0111216_20270679.jpg


 そして、こちらは「ドゥカーレ宮殿」。

d0111216_20362330.jpg
 
  ①ドゥカーレ宮殿内の建物  ②「黄金の階段」当時は要人のみ通行を許された
  ③世界最大の油絵『天国』(7m×22m)この絵に総勢500人の人物が描かれている
  ④宮殿内には牢獄もあり、独房に入る囚人が渡った「ため息橋」 ⑤宮殿から見た「小広場」
d0111216_20492898.jpg
 
 ベネチアングラス工房の見学もしました。高温の溶けたガラスを鉄パイプの先端に巻きつけ、息を吹いてから右手のトングを使ってあっという間に「棹立ちする馬」を作ってしまいました。その技に感心しました。
 
d0111216_21163230.jpg
 
 ベネチアングラスはとても高価でした。33年前母が買ってきてくれたグラスがどんなに価値あるものかがわかり、これからも大切にしていこうと思いました。自分用には「ベネチアングラスの腕時計」を記念に買いました。
 

 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村

[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-04-09 22:17 | イタリア | Comments(0)

 イタリア旅行、2つ目の訪問先は水の都「ベネチア」。

d0111216_21320458.jpg

d0111216_21331559.jpg

d0111216_21353274.jpg

 私たちがゴンドラに乗ろうとした時、小雨が降ってきました。舟の上では傘は禁止。乗り場の近くにあっという間に「雨合羽売り」がきたので、5ユーロで買って着てから乗船しました。ゴンドラは片方だけのオールで進むので、そのために船体は左右非対称に造られていました。ゴンドラに揺られながら聴いたカンツォーネは最高でした。アコーディオンの伴奏に合わせてIL DIVOのディヴィットに似た歌声。雨も寒さも何のそのでした。
 

d0111216_21532153.jpg

 宿泊したホテル(↑)は、「ザ ウェスティン ヨーロッパ & レジーナ」。17世紀~19世紀に建てられた歴史的建造物で、大運河のすばらしい景色が望めました。館内は、豪華なアンティーク家具や大理石を用いた装飾が施されていてよいホテルでした。


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村


[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-04-08 22:37 | イタリア | Comments(2)

 ミラノに着いてまず訪れたのは、「ドゥオモ」でした。繊細な装飾が施された華麗なゴシック建築の大きな教会でした。着工は1386年で400年以上の歳月を経て完成したというから驚きです。 

d0111216_13271539.jpg


 高くそびえる尖塔は、その数なんと135本。また、柱や壁を飾る表情の異なる彫像は3400体以上とか。


d0111216_13442518.jpg

 ↓ は、「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア」。1867年に完成した美しいアーケードでした。ドゥオモからスカラ座に向かうため通ったのですが、一流ブランド店などが並んでました。

d0111216_13472249.jpg



d0111216_14003448.jpg



 床のモザイクも見事で、願い事が叶うという雄牛のモザイク画にかかとをのせて三回転し、ちゃんとお願いしてきました。


 ↓ は、「ミラノスカラ座」。イタリアはオペラ発祥の地。博物館を見てから上演していない時だったので、劇場内を見ることができました。この場でプッチーニの「蝶々夫人」やトゥーランドット」も初演されたのですって。

d0111216_14113781.jpg

 

 ↓ は、今回の旅で最も楽しみにしていたレオナルド・ダ・ヴィンチの名作「最後の晩餐」です。思ったよりも大きな絵です。キリストを囲む12使徒たち。リアルな人物表現でした。

d0111216_14190072.jpg

 この絵は教会の修道院の食堂として使われていた壁に描かれたもの。元々湿気に弱いテンペラ画法だったことや、戦争の爆撃でかなり傷んでしまった絵を、大変な修復作業によってよみがえらせたそうです。
 作品状態の維持のため予約制で30名ずつ15分の見学時間でした。その部屋に入るまで3つの部屋で待たされます。そこから見た教会の風景です。


d0111216_14521527.jpg

 次回は水の都「ベネチア」です。

 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村


[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-03-24 15:04 | イタリア | Comments(2)

 イタリア旅行から1ヶ月が経ちました。毎日忙しく投稿できませんでしたが、ゆっくり少しずつでもアップしていきたいと思います。

d0111216_11585606.jpg


 いつもご訪問ありがとうございます。
 応援のポ チッをしていただけるとうれしいです。
  
  にほんブログ村


[PR]
by naninunenonko0905 | 2018-03-24 13:22 | イタリア